スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SENNHEISER IE800 (2014/07/19 入荷済み)

SENNHEISER IE800

IMG_2024.jpg

これは、せっかくポタ研に来たんだから1個ぐらいイヤホンを買って帰ろうと思って選んだ1本です。
結果的に2本買ったことになるのですが、e-Q8の前にこれを買いました。

これを買った理由は特にありません。
お店の特価価格で一番安かったからかな?
禅は、好きなメーカーなので、、ただリケーブル出来ない、ケーブル硬化が報告されている機種なので、そこが懸念点でしょうか。。。。。

音は、まぁ、IE80の上位機機種ってことで問題ないのでは?
スポンサーサイト

PCを一気に入れ替えた

今年に入って円安になったこともあり、古くなったPCたちの入れ替えを実施しました。
当初は、1台の予定が2台、3台といろいろ問題が出てきて結局のところ全部入れ替えることになってしまいました。
結果、5台稼働していたPCがcore2系からcorei系に全部変わりました。
概略はこんな感じ

まぁ、定番で攻めてみました。

1台目 メインPC
CPU Core i7 3770K
MEM 8GB x 2
M/B ASUS P8Z77-V
SSD INTEL 520 240GB
HDD 1.5TB (既存)
HDD 500GB (既存)

2台目 メディア系PC
CPU Corei5 3570K
MEM 8GB x 2
M/B ASUS P8Z77-V
SSD INTEL X25-M 120GB (既存)
HDD 3TB x 1

3台目 ファイルサーバその1
CPU Corei5 3470S
MEM 8GB x 4
M/B ASUS P8H77-V <- NICの動作がおかしかった(初期不良かも?)のためNICは別差し
NIC INTEL Gigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CT
HDD 1TB x 6
HDD 1TB + 1.5TB + 500GB + 500GB + 3.0 TB <- 全部 USB 2.0 HDD

4台目 ファイルサーバその2
CPU Corei3 3220T
MEM 8GB x 2
M/B ASUS P8Z77-M PRO <- 初期不良だったので交換した
HDD 2.0TB x 6 + 2.0TB x 5(既存)

5台目 PT1
CPU Corei3 3220T
MEM 8GB x 2
M/B ASUS P8H77-I
SDD INTEL X-25M 80GB(既存)
HDD 3TB x 1
なお、元々使ってたPT1は刺さらないのでPT3を入手

6台目 リビングPC
CPU Corei3-3217U モバイル
M/B DC3217IYE
MEM 4GB x 2
SDD Crucial M4 128GB(mSATA)
WiFi INTEL Centrino Advanced-N 6235

ここまでたどり着くまでにいろいろ問題が発生した中で大きかったのは
3台目で使用したM/B (ASUS P8H77-V)のNICがおかしな動作をしていて何をしても改善しなかったのでNICはINTELに別差しで使うことにしたことと、4台目で使ってM/B P8Z77-M PRO の初期不良でした。オンラインで買った関係で手続きに時間が掛かることをが嫌だったので代替品(同じもの)を急きょ買って来て切り分けをしたところ、やはりM/Bの初期不良が確定しました。
その後、交換品が届いたので1枚 M/Bが予備品として余ってしまいました。

まぁ、後1台 core2がいるのでそれ用のM/Bで後々使うことになると思うので無問題です。


Bluetooth ヘッドセット

最近、会社でヘッドセットを使う機会が増えたのでちょっと凝ってみた。

少しづつ入手していった結果、今はこんな感じ。
一応、マルチポイントとノイズリダクション付きを前提に選んでいます。
  • Plantronics Discovery 975
    Discovery 975 
    当時、予備知識がほとんどなく、見た目で選んだ機種です。
    バッテリーケースがあって、持ち歩きに便利な機種です。
    当初は、これを会社でしばらく使っていましたが今は自宅のPCで使用しています。

    マルチポイント対応
    ノイズリダクション

    通話時間 最大5時間
    待受時間 最大170時間(マルチポイント機能オフ時)

    電源ONはともかくOFFにしたのかどうか慣れないと良くわからないです。
    ボリュームもボタン1つでロータリー式になっているのでダメです。
    イヤピースのフィット感はいまいちです。




  • SONY Ericsson VH410 (RED)
    VH410.png 
    これは、持ち歩き用でコンパクトなやつが欲しくて探した結果、これにしました。
    これは、iPhoneとDOCOMO携帯とペアリングしていて電話用として使っています。

    マルチポイント対応
    ノイズリダクション
    エコーキャンセル

    通話時間 最大10時間
    待受時間 最大350時間

    これも電源ON/OFF状態が良くわかりません。
    ボリューム+/-があって操作しやすいです。
    エコーキャンセル機能のおかげか、自分の声が相手に違和感なく聞こえるようです。
    安いわりに機能も十分だしバッテリーの持ちも良いのでコストパフォーマンスは高いと思います。ただし、イヤピースが合わないと簡単に外れてしまうので車とかで使う時は要注意です。




  • Jawbone ICON (Red Smoke)

    jawbone_icon.jpg 

    これが3つ目に買った機種で、売りは骨伝導マイクらしい?

    マルチポイント対応
    ノイズリダクション
    A2DPプロファイル対応
    iPhoneのディスプレイに充電残量表示
    ヘッドセット上のいろんな状態を多国語で話してくれます。日本語も対応
    電源スイッチが機械式なのでON/OFFがきっちりわかります。

    通話時間 最大4.5時間
    待受時間 最大240時間

    今、これが会社で使ってるメインです。 骨伝導ってことでどんなかな?と思って買ってみたのですがこれが自分の声が一番良く聞こえているみたいです。
    イヤピースはいっぱいあってフック付きじゃないやつ(普通のイヤピース)がフィットしていて安定性が良いです。




  • SONY Ericsson VH410 (BLACK)
    これは、上のICONを外した時の保険で買ったもので主にICONのバッテリーが無くなった時、ICONの充電が完了するまでの繋ぎで使っています。




  • BOSE Bluetooth headset
    BOSE Bluetooth headset 

    これは、4/23に発売されたBOSEのヘッドセットでオンラインショップからしか買えないというちょっと特殊な機種です。1日速く届きました。

    マルチポイント対応
    ノイズリダクション

    通話時間 4.5時間
    待受時間 150時間

    電源スイッチ、ボリュームスイッチが明確に操作できるようになっているので使いやすいです。
    インジケーターも2種類あってBluetoothの接続状態とバッテリー状態がわかります。
    イヤーチップも装着性で安定していていると思います。

な感じです。
ここで紹介した機種は、全部片耳の差し込むタイプで耳掛け式と較べると長時間使うような場合の安定性は悪いと思います。特に、片耳タイプは、耳に刺して安定していると思ってても長く使ってると抜けてきたりゆるくなってきたりします。そのことが影響してこれらの機種は運転しながら使うには安定性に不安があり、着信をピックアップするときにボタンを押したタイミングでヘッドセットが耳から外れるという事態が何度も発生しました。

まぁ、そうならないように耳に引っ掛けておくフックが付いているやつもあるのですが、かっこ悪くてダメダメです。。。。
後、メガネを普段から使ってる人には耳掛け式は使いにくいという先入観もあります。

ということで、車で使う用のヘッドセットを買い換えないとなぁということで、試しに

Plantronics Voyager PRO+ってやつをオーダーしてみました。
似たような機種でMOTOLORAのHX520ってのがあるのですが、これはすでに友人が持っているのでパスしました。

あああ、一緒に専用ケースも頼めばよかった・・・・

装着時の安定性は耳刺しタイプと較べたら段違いにいいはずなのですが果たしてメガネを掛けた状態での装着性がどうなのか? 装着性が良ければいいのですが・・・・

最後に、これらの機種は偶然か必然かわかりませんが専用の充電ケーブルではなくMicroUSB経由で充電することができますので、充電ケーブルが1種類で済むのので何気に便利です。

サーバ環境を少し変更します。

WHS1号機、WHS2号機のHDD空き容量がちょっと怪しくなったのでHDD構成とOSを少し変更するためにまずは既存データの移行作業を開始しました。

まず、WHS1号機はWindows Home ServerからWindows Server 2008 R2へ
HDDは、1.0TB x 6のRAID5で構成
メモリは、2GBから 8GBに増設
それ以外のパーツは既存のままでXeon E3110でHyper-Vを動かします。
Hyper-V上では元々動いていたWindows Home Serverを再インストールして仮想環境でPCのバックアップとリモートアクセスに対応します。

WHS2号機はHDDを整理して2TB x 11構成にしてDEで運用します。

で、既存のデータ量はというと・・・・
WHS1号機が整理して1.2TB WHS2号機は、約7.0TBということでデータ移行およびOS,HDDの入れ替えでかなりの時間が必要な模様です。

本当は、WHS1号機のCPUを省電力のCore i3かCore i5にしようと思ったんですがあまりに面倒なので今回は見送ることにしました。 UPSの容量も性能もひとまず足りそうですし。・・・

次期 Windows Home Serverを考えてみる

Windows Home Server 2011がもうまもなく発売されるとの情報が出てきたので次期Windows Home Serverについて考えてみます。
まずはじめに結論から申し上げます。 DEがなくなったWHSは要りません。 以上

ってことで、既存のWHSを生かす方法を考えます。
最近、WHS上でAir VideoのリアルタイムエンコードなどCPUパワーが必要な処理が多くなっているのでどうしたものかと考えています。

今のプランは、
WHS1号機のHDD構成を見直した上でOSをWindows Home ServerからWindows Server 2008 R2へ変更です。
WS08R2のHyper-VでWHSを動かします。
ファイル共有などは主な仕事はWS08R2上で行い仮想化されたWHSはリモートアクセスとコンピュータバックアップに専念させます。

既存の環境でもHyper-Vは動くのですがエンコードを行うにはPUパワーが根本的に足りず、消費電力も高い傾向になります。

ということで、今考えているのは
Core i3 2100T or Core i5 2400Sでメモリを8GBぐらい積んだものにリプレースすることです。
少なくとも現状のCore 2 Duo E8400よりも多少でも速くなることを期待しています

また、サーバ機なのでTDPや消費電力も気になるところなので、CPUはこの2つがいいかな?と
UPSの関係もあるので今以上できれば今以下の消費電力に抑えたいところです。

と、ここまで考えてすごく面倒だなぁと思うのが正直なところ
ひとまず、問題なく動いているのでわざわざリプレースする必要性を感じないのも事実なわけですが・・

まぁ、気が向いたら年末ぐらいまでに手を打ちたいと思っています。



INTEL X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH120G2K5

INTEL X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH120G2K5

今までメインPCで使ってたSSDは、ThinkPad X61にあげちゃったので入手しました。
まぁ、定番SSDなので無問題でしょう

Seagate Barracuda ST32000542AS

Windows Home Serverの次期バージョンがなかなか出てこないのであきらめてディスク増設を行いました。

最近の2TB HDDはVista以降対応という事態が発生していてWindows Server 2003ベースのWHSでは使いにくいディスクになってしまいました。

で、何気に探してみるとSegateがまだ使えるらしいってことが分かったので、今回は多めにディスクを入手しました。

物は、Barracuda ST32000542AS で2TB を4本

WHS1号機とWHS2号機に2本づつ増設する予定 とりあえず、1本づつディスクを増設しました。

結果、現在のディスク構成は

WHS1号機
WDC WD5000AADS(500GB) + WDC WD10EADS(1TB) x 2 + SAMSUNG HD203WI(2TB) + Seagate ST32000542AS(2TB) + 外付けUSB HDD(1TB) で計 約7.5TB構成

WHS2号機
WDC WD10EADS(1TB) + WDC WD15ADS(1.5TB) + WDC WD10EACS(1TB) x 3 + WDC WD20ADS (2TB) x 4 + Seagate ST32000542AS(2TB) で計 約15.5TB

2台合わせて 約23TB

うへぇ・・ 自分で書いてて思ったがすごい容量だな・・

2010年版 無線LAN環境 再構築

去年の春に無線LANルーターを交換しましたが、11n/a化を行うためにメインの無線LANルーターをBUFFALO WZR-HP-G300NH -> BUFFALO WZR-HP-AG300Hへ交換しました。

PCから繋げる無線LANを802.11n/gから802.11n/aに変更

11a化に従って、アクセスポイントも11n/aに対応したWLAE-AG300Nへ変更

WZR-HP-AG300Hには、USB HDDを追加して簡易NAS化 REGZAの録画用HDDとして使用

11n/gと11n/g用に別SSDIDを用意して他のアクセスポイントとローミング化

AirMac Expressも11n/g -> 11n/aに変更して3つ目のSSDIDを割り当てて独立

ということで、我が家の無線LAN環境は、11n/gに加えて11n/a環境を用意しました。

11n/aにした大きな理由は、家の周りに11g帯のアクセスポイントが増えてきたためチャンネル干渉を懸念したためです。11n/a帯は家の周りでは使われていないようでチャンネルがガラガラ
おかげで、回線品質がかなりよくなり安定したスピードが出るようになりました。

問題は・・・ 現時点で11n/aで接続できるPCが存在しないことですwww
ちなみにThinkPad X40は11aの54Mbpsで接続するようにしました。




UQ WiMax

いままで、外で無線LANを使いたいときウィルコムのどこでもWi-fiを使っていたのですがあまりにも速度が遅いため、iPhone 3GSを入手してから全然使っていませんでした。

で、このままでもいいかなーと思っていたのですが、最近になって4th iPod touch, ThinkPad X61を入手したことで、また、外で無線LANを使いたくなったため、UQ WiMaxを投入

これを選んだ理由は、通信速度が速いこととサービスエリアが思ったよりも実用的だったからです。
後、9月末までWiMax対応の通信カードなどが半額で販売されていたことも投入した要因です。

ということで物は、ルータータイプのAtermWM3300R バッテリー稼働できます。
かなりコンパクトなので持ち運びは楽

料金プランは、常に使う訳じゃないので、月々 \380 上限 \4,980というUQ Stepっていうプランにしました。
これをヨドバシで契約したら、モバイルポイントとかタダで使えるやつがセットでついてきました。

初めの月は、いろいろ実験とかすると思うので、余裕で上限金額まで行くでしょう。

で、実際の使い勝手なのですがかなりいいです。
自宅はサービスエリアで検索すると△~○って感じで室内だと電波が入らないかも?って感じだったのですが実際には、アンテナが2本(最大3本)で実速度は、下りが2.0M 上りが0.1Mとそれなりに使える速度でした。

電波状況の良い場所で測定すると、下りは余裕で10M越え 下りは1.0Mぐらい?だったかな? 
と文句の言い様がない感じでかなり快適

今後どうなるかわかりませんが、とりあえずかなり満足してます。

ネタがたまってます・・・

PC関連のネタが結構溜まってて、記事にしている暇がありません・・
ある程度落ち着いたら、まとめてアップデートします・・・

キーワードは、
X61
11a
5.0G帯
4965AGN

です。
あ~ あと、4th iPod touch 64GBが予定日よりも1日早く届きました。
オーディオネタは進展は特にありません。

とりあず、走り書き
プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。