スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AcSvc.exeがメモリリーク

しまくっているんですけど・・・・
ThinkPad T61のThinkpad Access Connection Managerなんですけど V4.51になってからかどうかわかりませんが、メモリリークしまくりで最悪な事態になっております・・・・
CPUも50%キープしているし・・・

ちなみにOSはVistaの32ビットです。実は64の時にもリークしまくってて32ビットなら平気かな?と思って入れ直したけどリークは止まらず・・・・・

なんとかしてくれ~~~
スポンサーサイト

お買い得品?

前から欲しかったパーツが中古で2つほど売っていたのでせっかくだから入手しました。
物は、ThinkPad T61用のオプションで1つは、
ThinkPad シリアルATAハードディスク・ベイ・アダプター
で中古ってことで半額以下で売ってましたw

メインで使ってるHDDは、100GB 7200rpmなので高速で使いやすいのですが容量が少なめなので困ることがよくありました。んで、はじめ内蔵のHDD容量を増やそうと160GBのHDDを用意したのですが、5400rpmということでやはり不満になってしまい、結局使わなくなってしまいました。
この160GBのHDDはUSBケースに入れてテンポラリとして使っていたのですが、データディスクとしてずっと使っていたかったので、セカンドHDD用のアダプタがずっと前から欲しかったんですよね。
で、新品をずっと買おうと思っていたのですが値段が思ったよりも高くてどうしたものか??とずっと悩んでいたところでした。なので、中古とは言え手頃な値段で手に入ったのはラッキーでした。

後1つは、ThinkPad用って訳じゃないのですが、
IBMブランドのUSBフロッピーディスクドライブ
実際のぶつはこれと違うと思いますが参考までに・・・ これは激安ですたw 見た目ほぼ新品、中古というよりもアウトレット品じゃないのかな?

ThinkPad T61ではずっとVistaを使っているのでOSはDVDだけでインストールできるのでフロッピードライブは必須ではないのですが、Vista以前のOSをインストールする時、AHCIのディスクドライバーをF6で読み込ませないといけないので、あると便利なんですよね~

@最近のメーカーPCでFDDが付いてこないことが多いのと自宅のPCでもFDDを使う機会が少ないのでUSBでブートできるFDDなら便利かと・・・

うぉ そうだ、前回買い間違えた? ケースファンを見てきました。
S-FLEXは800rpmはなし、Gentle Typhoonは何もなし という状態でした。
S-FLEXは在庫が単に切れていたようですが、Gentle Typhoonは扱ってないように思えました。

電源をオンラインで買う時、いっしょにGentle Typhoonのファンを手に入れてみますかね~

ExpressCard (゚゚。)シクシク..

ThinkPad T61を手に入れたのは去年の冬・・・
半年経過した今、メモリが2GBから4GBにアップしてReady Boost用のメモリとしてハギワラシスコムのExpressCard 2GBモデルを買って使っていたのですが・・・・・ 今日、なにげにPC-DEPOTに寄ったら商品入れ替えのため激安価格ってことで、これの2GBモデルが\4,200ぐらいで売ってました;; 当時すっごく高くて\10,000以上で買った気がします・・・・
それはそれですっごくショックなのですが・・・ 同じところに4GBモデルが\4,970という当時ではあり得ない値段で売ってましたよ・・・・・

もちろん、すぐにそれを手に持ってレジに向かっていった訳ですが・・・・・
はぁ だれか2GBのExpress Cardいらないかなぁ  いらないよなぁ;;

Webで値段を調べてみたら\25,000ぐらいするんですね~ ちょ~お買い得でした?


NVCPEMWR001G110

NVCPEMWR001G110って何?って思う人はいっぱいいると思います。
しかし、私のBLOGの検索ワード No.1はこれなんです・・・・
これは、INTELのTurbo MemoryというやつでノートPCのPCI-Eスロットに指して使うもので実装するには、基本的にノートPCをばらさなければならない面倒なものなのです。

あ、ノートPCとここでは書いてありますが、INTELの965チップが載ってるノートPCでしか使えませんので悪しからず。。。。

で、このTurbo Memory

どんなものかというと、以前ここで書いたような気もしますが、簡単に言うとハイブリットHDD化するフラッシュメモリのです。ハイブリットHDDって巷で最近聞くようになったワードですが、これは要するにHDDに載ってるキャッシュをもっと大きくしてディスクI/Oを減すことでレスポンスを速くする効果とバッテリーの持ちを良くする(実際にはもっと複雑なことをしているようですが本格的な解説については他を当た
ってくださいw) ものなのです。

とここまで書くととても良いものに思えてしまうでしょう。

あ、ちなみにTurbo Memoryは先に書いた965チップで且つVista上でしか利用できません。
なので、XPがインストールされているノートPCにこれを入れても無駄に電気を消費するだけの代物と化しますので誤解しないでくださいね・・・・

で、話を戻すと、じゃ実際の効果は?
という話になるわけですがこのメモリ自体は1GBのフラッシュメモリで値段は秋葉原価格で\4,000ぐらいなので、それほど高いものではありません。
実際に、Turbo MemoryはVista上で、Ready BoostやReady Driveという機能で使うことができますが
(Ready Driveが簡単に言うと先に書いたような機能ですね)VistaがプレインストールされているノートPCでTurbo Memoryを標準で実装、またはオプションで選択できるメーカー製のノートPCって日本にどれだけあるのでしょう? 少なくとも私は知りません・・・・・w

要するに、ノートPCを出荷しているメーカーは、Turbo Memoryに対して対価に見合う効果がないと判断しているのではないでしょうか?

実際に、ThinkPad T61にTurbo Memoryを入れて使っている私自身、これが機能している効果を実感できるようなことは何一つ感じることができないのが現実なのですっっっっw

まぁ値段も安いし、余ってるPCI-Eスロットを有効に使おうと思うとか、新しい物好きの人じゃない限りは興味はあるけど、実際どうなのよ?っていうのが現実ではないでしょうか?

正直、私も実際どうなのよ?と問いかけてみたい一人なんですけどw

ThinkPad T61のBIOSが消えた?

今日、LenovoのHPをたまたま見たら、以前紹介したBIOSというかBIOSそのものがLenovoのHPから消えていることに気が付きました。
同じチップセットを使ってるX61シリーズのBIOSも消えています。

んー ThinkPadのBIOSがHPから消えるなんて普通考えられないんだけど・・・
もしや?もしや?もしや? 新しいT9xxxシリーズでのトラブルが発生したんじゃ?w
本来は最新のBIOSでC2D T9xxxxシリーズが正常に認識して動作するはずだったのにうまく動かないとか?だとしたらこれはうれしいBIOS引き下げなのかもしれない。
もし、それが本当だとすると今ThinkPadでT9xxxxシリーズが載ってるやつは出荷が止まってたりして・・・

ThinkPad T61のCPU換装を考えてみる

私のThinkPad T61に載ってるCPUはCore 2 Duo MobileのT7300というやつ
Core 2 Duo T7300

CPUクロックが2.0GHzでFSBが800MHzのやつなのですが、これを違うCPUに換装することが可能か?
可能ならどんなCPUにすることができるのか?というのを調べてみました。

まず、物理的に自分でCPUを換装することが可能か?
ThinkPad T61などのThinkPadは保守マニュアルを見ると自分で簡単?にCPUを換装することができそう。

自分でCPUを換装できるとして、CPUは何が使えるのか?
物理的な話もそうですが、そもそもBIOSが対応していないことにはどうにもならないのですが、ThinkPad T61のBIOSは、最新だと4/8にリリースされたVer.2.14-1.08(7LETB4WW/7KHT24WW)というものになります。

ここで追加された項目に”CPUのマイクロコードの更新”と記載されています。
最新のラインナップを見るとT9300やT9500を選ぶことができるようなので、最新のBIOSを適用すればこれらのCPUを正確に認識できるのではないかと推測できます。

では、T7300からT9300に換装することを考えてみたいと思います。

はじめに知っておく必要があるのはT7300のスペックなのですが、INTELのサイトで確認すると2種類存在することが判明・・・ 違いは、Package Typeのみなので気にすることはないらしい。

Intel® Core™2 Duo Mobile Processor T7300
SLA3P これはPackage-TypeがMicro-FCBGAなので載ってるのがこれだと換装は現実的に不可能
SLA45 これはPackage-TypeがMicro-CFPGAで俗にいうSocket Pだと思われこれなら換装可能

ある程度のスペックがわかったところでT9300のスペックを確認してみるとこのCPUも2種類のsSpec Numberが存在していることがわかりました。
これも基本的にBOX版とOEM版に分かれているだけのように見えますがよく確認すると、VID Voltage Rangeが異なるようです。

SLAQGはBOX版とOEM版が存在していてPackage TypeがMicro-FCPGAでVID Voltage Rangeが1.062V - 1.1150V
LAPVはOEM版のみでPackage TypeがMicro-FCBGAでVID Voltage Rangeが1.00V - 1.250Vとなっていました。

ということで、T9300はBOX版しか売ってるところが見当たらないので SLAQG が正解だと思います。
そもそも、Micro-FCBGAだったら自分じゃ絶対換装不可能なんで・・・

ちなみにThermal Design Power(TDP)もThermal SpecificationもT7300とT9300は同じなので換装してもCPUの熱は問題なさそうです。

一番の問題は値段か・・・・

ThinkPad T61 x64 4GB化

あ~ @1つ書くの忘れたので書いておきまーす。
ThinkPad T61のメモリを2GBから4GBに換装しました。(自腹で・・)
デスクトップPCのメモリが暴落しててどんどん安くなっていたのは知っていたので、この間、あゆちん2号のメモリを4GBにしました。それから2ヶ月ぐらい?経ってからふと、ノートPC用のメモリの値段を見てみると・・・ ええええええええ すっげ安くなってる(もちろんバルク品ですけど)ことが判明。
具体的にはデスクトップPCのメモリよりもちょっと高いぐらい。2GBが2枚で激安だと\10,000を超えるぐらい? びっくりです。ノートPCのメモリってすごく高いものだと思ってて個人で換装するには高すぎる買い物だと思っていたからなおさらです・・・・
なので、つい、衝動買いしてしまいました・・・ 意味なくノートPCのメモリが2GBから4GBになりました・・・ でも・・ 32ビットOSだと3GBちょいしか使えないので悲しい・・・ ちとリスクがありましたが、OSをこの際なので64ビットのVistaにしようとインストールしてみたのですが、さすがLenovo!!
64ビットVista用のドライバやツールが完備されていていたのでまったく問題なく32ビットVistaと同じ環境を作ることができました。

64ビットにして何がよかったって? ただメモリが増えただけで特にいいことはないんです・・
メモリが4GBになってOSが64ビットになっても・・・・・ 見た目は変わらないし、パフォーマンスが劇的に速くなるわけもなく・・・・ まぁ 4GBメモリを全部使い切ることができるってことぐらいですかね・・・

メモリが多いとバッテリーの持ちが悪かったりするのかなぁ・・・・

FF Bench

たまにはFFXIネタを・・・ っと言ってもゲームの話じゃないんですが、ThinkPad T61でFF Benchを動かして見ました。はじめはプレインストールされていたVistaにFFXIをインストールして使ってみたのですが、あまりにも重くて耐えられませんでした。

今回、時間ができたのでXPでFF Benchを走らせてみることしました。

以下が、XP上で測ったスコアです。

ThinkPad T61
CPU INTEL Core 2 Duo T7300(2.0GHz)
MEM 2GB(DDR2-533)
GPU nVidia Quadro NVS 140M
HDD Hitachi HTS541616J9SA00 (160GB 5400rpm)
OS Windows XP Service Pack2 + ALL WU

Low 7633
High 4794

追加(2008/01/03)
Vistaで測ってみました。

Low 6488
High 4115

予想通り、Vistaになると遅くなりますね。数値的には2~3割減ってところですね・・・・

このスコアを私が過去に測ったシステムに例えると

CPU INTEL Pentium 4 650 (3.4HGz)
M/B ASUS P5LD2
MEM PC2-4300 (DDR2 533) 512MB x 2
GPU ATI RADEON X800XL 256MB (玄人志向)
HDD S-ATAII HITACHI Deskstar T7K250 HDT722516DLA380 (160GB)
OS Windows XP Service Pack2 + ALL WU

Low 7233
High 5203

よりも同等かちょっと低いかな?という感じでしょうか?
体感はまだ試していないのでわかりませんが、数値だけを見ると1,2年ほど前まで使っていたメインと同じ感じなので、特に不満なく動くのではないかと期待してたり・・・・

参考(これが今FFXI用で使っているPC)
CPU INTEL Core 2 Duo E6600(2.4GHz)
M/B AUS P5B Delux
MEM 2GB (DDR2-533)
GPU GALAXY GF P79GS-Z/256D3 (NVIDIA GF 7900GS DDR3 256MB)
HDD Barracuda 7200.9 ST3160812AS (160GB 7200rpm)
OS Windows XP Service Pack2 + ALL WU

Video Driver ForceWare Release 169 Ver 169.21
Low 10486
High 8396

参考までに私が設定しているFINAL FANTASY XI Configはこんな感じ
Global
MidMap Enable : ON
ウィンドモードで起動する : OFF
ScreenSize
Front Buffer : 1290 x 1200
Back Buffer : 2048 x 2048 (これはレジストリを直接変更しています。)

TexturePerformance
General : Low
MenuMap : Low

3DMap
BumpMap Enable : ON
DeformAnimation : SMOOTH

Sound
Sound Enable : ON
SoundEfectNum : 12

Etc
OpeningMovie Enable : OFF
HardwareMouse Cursor Enable : OFF
SimpleCharacter Make Enable : OFF

ThinkPad T61はScreenSizeのFrontBufferを1440 x 900に変更しただけで
それ以外は上記設定と同じです。

インテル® Wireless WiFi Link 4965AGN

今度は、無線LAN編です。
ご存知の通り、ThinkPad T61の無線LANモジュールは、インテル® Wireless WiFi Link 4965AGN となっています。これは、最新のモジュールで802.11nという規格をサポートしており、最高で300Mbpsで接続することができます。俗にいうMIMOってやつです。
私の環境は、無線LAN環境は802.11g/bなので、現状802.11nを利用することができないため宝の持ち腐れ状態なのですが、将来的にはぜひ利用したいと思っています。

で、現状、対応されている無線LANルーターを調べてみると、どこのメーカーもそれなりに対応製品が出ていることが判明しました。値段もそれなりに手ごろ状態なので不満はないのですが、無線LANルーターを買い換える上でいくつか必須条件があるんです。

・802.11n対応(40MHz)
・マルチSSID対応
・1Gbps対応HUB
・ダイナミックDNS対応

が対応していることが必須と考えています。802.11nが対応していることは当たり前として、最近は携帯ゲーム機や家電が無線LANに対応しているものが多く、AOSSなどで簡単に設定を行うことができます。しかし、携帯ゲーム機のセキュリティレベルはかなり低い物になっており、現状AOSSを使う限りWEP64でしか暗号化することができないんです。

PSPは、AES対応なのですが、AOSSで設定した場合WEP128となります。
ニンテンドーDSにいたってはWEP64となってしまいます。

そのため、無線LANのセキュリティはWEP64を使うことが必須となってしまうので問題なのです。そこで、解決する案としてマルチSSIDという機能があります。
これは1つの無線LANで擬似的に複数のSSIDを設定できてそれぞれのルートパスを設定することができます。たとえば、携帯ゲーム機などLANにアクセスする必要のないものは、WEP64にしてインターネットしか出ることがでいないようにできたり、ノートPCなどはAESなどで暗号化してアクセスフリーにするようなことができます。

簡単なVLAN環境ってことなのかな?

@自宅の無線LAN環境は、ローミング機能ってのを使って複数のアクセスポイントを設置しているので、実は、マルチSSIDって不便なんです・・・
アクセスポイントが1個しかない場合には、問題ないのですがローミングとして複数のアクセスポイントを設置しておくと現状マルチSSIDを使うことができないということに・・・

めっちゃ不便だ・・・・・ 無線LANルーターで抑えるよりも実は、VLAN対応のHUBでセキュリティコントロールをしたほうがいいのかなぁ?って思う今日この頃・・・

VLAN対応のHUBってコンシューマ向けにあるんだろうか??
まぁ探せばあるんだろうなぁ

Lenovo System Update

Lenovo ThinkPad T61なのですがプレインストール状態で使う分にはまったく問題ないのですが自分でクリーンインストールを行う際、最新のドライバやツールのダウンロードを楽にするために、LenovoではSystem Updateというツールを使ってインストールやダウンロードを行います。

これは、Windows Updateみたいなものでこれを起動すると、Lenovoのサーバから最新の情報を取得して、実行しているノートPCでインストールやアップデート可能なドライバやツールを教えてくれ、指示に従ってダウンロードを行うと自動的にインストールしてくれるものなのでとても便利なんです。

でも、でも、でも、すっげダウンロードがすごく鈍い・・・ クリーンインストール状態からこのツールを使ってインストールが完了するまでにかなりの時間を使うことになります。
しかも、1発ですべてインストールが完了するわけではなく何回かシステムの再起動やダウンロードを要求してきます。そのため、無人のアップデートやインストールは基本的にできないようでかなり面倒な状態となります。

せめて、ダウンロードのスピードが速くなってくれればそれほどストレスを感じることはないと思うのですが、現状かなりつらいです。

なので、ある程度環境が出来上がった状態から小まめにバックアップを行うことをお勧めします・・・・
プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。