スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThinkPad T61

勢い余って、もう1つ
今度のネタはノートPC
大分前、このブログでThinkPad X60のことを書いたと思います。
実は、英語キーボードモデルを去年の夏ごろオーダーしたことはしたのですが、納期がはっきりしなかったので結局キャンセルしたという経緯がありました。

で、今度のThinkPad X61 , T61系は、チップセットが965になりました。
CPUもかなり良くなってますけどね。 俗にいうCentrino Duoモデルってことでしょうか

このモデルになって凄く気になっているのは、INTEL Turbo Memory
これは、Centrino Duoでサポートされている機能で、VistaでサポートしているReadyBoostとReadyDriveのキャッシュとして使えるそうです。

ReadyBoostはUSBメモリを使えば簡単に投入できるのですが、ReadyDriveは現状これしかないのかな? ReadyDriveについてはいろいろ記事がありますが、まぁ効果があまりなし?ってのが現状でしょうかw でも、1GBのメモリをノートPCの本体に組み込めてUSBメモリのように出っ張りがないのだけでもかなり優秀だと思うのは私だけでしょうか?

@T61になって、液晶パネルが4:3ではなく16:9のワイド液晶になったのはVistaを使う上で歓迎です。パネルが小さいのに解像度を上げてるから文字が小さくなっちゃうのが難点ですが・・・
他にT61pという15インチの液晶パネルを使ってるモデルがありますが、これって幅がかなり広くなる・・ 本体がキーボードよりもでかくなってかなり不恰好・・・ 重いし・・・・
自宅で、これ1台なら許せるけどノートPCとしての携帯性はかなり殺がれているので、私には要らない子。 大きさと携帯性ではもちろんX6xシリーズに勝てるもの(ThinkPadでね)はないんだけど、液晶の解像度とフルサイズのキーボードと多少の携帯性を犠牲にするなら私にとってT61がベストマッチ FFXIもこの解像度なら快適だしねーーーw(それが目的だったりして・・・)

最後に、Centrino Duoモデルの無線LANでは、MIMOがサポートされているらしい。
無線LANでMIMOが本当に必要か疑問だけど、使えるということに意義を感じるwww

スポンサーサイト

キーボードとマウス

久しぶりの更新です。
最近は、別のブログで車ネタばかりを書いていましたが、久しぶりに車以外のネタが出てきたので更新してみました。
さて、今回はキーボードとマウスのお話です。

私は、英語キーボード派で日本語レイアウトのキーボードは自宅も会社も使っていません。
今、会社では、FILCOのMajestouch Linear 英語104キーボード黒軸モデルを使っています。もう半年ぐらい使い続けてるかな? 私としてはかなり長い期間使い続けているキーボードですね。大抵は、3ヶ月ぐらいで飽きて違うキーボードに変えるのですが・・・・・
さすがに最近、飽きてきたので新しいものを物色しているのですがどーにも最近、新製品が出ないし、あってもめっちゃ高い。実際に常用するできるものってのが少ない(満足しない)ってのもありますけど・・・
でも興味があるものはあるわけで、今気になっているのは、
Microsoft Natural Ergonomic Desktop 7000(英語版)
これは、後で書きますがマウスが気に入らない・・・なので欲しいけどたぶんコレクションw

Microsoft Wireless Entertainment Desktop 8000(英語版)
これは、テンキーレスなので気に入ってるのですが、値段がね・・・ それにマウスが8000系だしマウスがもう少しまともなやつならいいんだけど・・・ これも、手に入れてもコレクション行きw

で、もっとも問題なのは、Microsoftの英語キーボードは、とにかく日本では手に入りにくい。
仮に売ってるところを見つけても、めっちゃ高くて手が出ないので放置しております・・・w
それ以外のメーカーでは、CHERRYってことになるんですが黒、白、茶、青と4種類全部揃えてしまったのでもう必要なしって感じです。

ということでキーボードに関しては一先ず落ち着いております。
結局、メンブレンよりもメカニカルのほうが好きみたいです。

マウスに関しては、ここ数ヶ月で
Microsoft Habu Laser Game Mouse
Microsoft Natural Wireless Laser Mouse 6000
Microsoft Wireless Laser Mouse 8000
Microsoft IntelliMouse Explorer 3.0 (再販)
Logicool MX Revolution

Logicool VX Revolution

とかなりの数を入手しました。
会社では、発売当初からNatural Wireless Laser Mouse 6000を使い続けましたがどうにも慣れない。
仕方なくというか新製品でHabuが出たので使ってみましたが、会社で使う分にはごく普通のマウスなのと、ワイヤレスに慣れた体に今さら有線は耐えられない・・・のでイマイチ
他にいいものがないかなぁと思って物色してみたところ、Microsoft Wireless Laser Mouse 6000 を使ってもいいかな?と思いましたが・・・・
これは、発売当時に入手したも物で結構使いやすいです。
っで、これは今、自宅で使っているので、これを自宅から持ってくると自宅で使うマウスがなくなってしまう・・・と模索していたところ、2,3日前に MX/VX Revolution用のエアーバッドソールが発売されていることに気が付きました。

ってことで、MX Revolutionを再度会社のPC用に再投入

これは、今までで一番のお気に入りだったのですが、ソールがなくてマウスのすべりに満足できなかったのと、充電式なので中の電池が逝ったら悲しいというのがあって、引退させていました。先日、早速、それ用のソールを頼んだので付け替えればかなり快適になるはず。

あ、そうそう InteliMouse Explorer 3.0は最近再販されたものなのですが、これの限定版が出ていたことに昨日気が付きました。物は、SteelSeriesのIntelliMouse Explorer 3.0 (IME 3.0 SS)で輸入物らしい。表面のコーティングが特別製で凄くきれい。
さすがにもうないだろうと思ってオンラインショップを放浪したところ1件在庫がありそうなところを発見。ダメ元でオンラインから購入してみたところ、今日返事が来て在庫あり、明日届くそうですwwwww 探してみるもんですね^^
まぁ、手に入れても使わないわけですが。。。。。。。

ちなみに、自宅のマウスは、Microsoft Wireless Laser Mouse 6000 レーザーマウスとしては初期のものですが、形状は今までで一番使いやすいかな??
(Microsoftのマウスで) 可もなく不可もなくってことでまぁ 満足しているので、予備で1個は確保してあります。

マウスとかキーボードはどこのメーカーでも突然、モデルチェンジしたりディスコンになったりするので、気が付いた時には遅いことが多いので、出来る限り、気に入ったものは予備を1つ以上確保するようにしています。
キーボードは高いので予備はかなり気に入らないと買わないんですが、マウスはね・・ それなりに手ごろなのなのとすぐ壊れるのが定番なので・・・予備は必須です^^;


プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。