スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あゆちん4号のその後

先日、ここであゆちん4号がトラブル中と書いた後、OSを変えても環境を変えても不安定な状態が続き、もうAMD環境を窓から捨ててやろうと思っていたのですが・・・・ やっと根本原因がメモリらしいことが判明しました。(これは友人が同一構成で動かしていて同様のトラブルを抱えていたのですがその友人がメモリを交換したら安定しだしたというのが発端です) 早速、元々付いていたCFD DDR2-800 2GB x 2を同じCFDのDDR2-800 1GB x 2(手持ちのあまりがこれしかなかったので・・・)に交換してから3日ぐらい経過したのですが、今まで全不調だったのが嘘のように安定しだして原因不明のハングアップが発生しなくなりました。

いやはや。。。 まさかメモリの相性だったとは・・・ 予想外でした・・・・
もし、はじめにCFD以外のメモリを使っていたらこの問題に遭遇しなかったのかもしれません・・・・
まぁ とりあえず安定しだしてよかった・・・



続きを読む

スポンサーサイト

FF11をWindows 7で動かしてみた

今日、久しぶりにFF11にインしたところ、フレからFF11をWindows 7で動かした話を聞きました。
私も、時間があれば試してみようと思っていたので、今日、試しにWindows 7のβ版上でFF11を動かしてみました。

まだ軽くしか動かしていないことと、今回の環境は以前Vista上で確認した環境とは異なるので正確なことは言えませんが、OSが軽くなった分FF11も軽くなったような気がしますので、あゆちん2号(普段使っている環境)で試してみてもいいかなぁ?って思いました。
ただ、やはり問題がないわけではなくて、Vistaの時に問題だったチャット時の日本語入力が多少は改善されたように見えましたが・・・・・ やはり文字抜け現象は収まっていませんでした。

環境を強化すればVista上での動作はたぶん快適レベルまで持っていくことは可能なのですが文字抜けだけはどうにもならないと思います。

それが原因でいつまで経ってもXP環境を捨てられないんですけどね・・・・

さて、この問題 そもそもどちらが(OSかFF11か)原因か私にはわからないのですが・・・・
っというかー DX9かDX10で書き直してくれないかなぁ > スクエニ

続きを読む

Windows Home Serverでdefrag

INTEL D945GCLF2で構成しているWHS1号機は絶好調です。
最近、保存しているファイルが増えてきたので定期的にDEFRAGをしようと思ったのですが、DEで構成されているボリュームのDEFRAG方法がわからなかったのです。
UIから動かす分には問題なくできるのですが、コマンドラインというかタスクスケジューラーから定期的に動かすためには、コマンドラインから実行するのが簡単なのです。

で、ちゃんと調べてみるとこんな方法できることがわかりました。

C:\fs ディレクトリにあるディレクトリはJunctionでドライブレターが割り振られていないボリュームがマウントされています。

なので、こんな感じでBATファイルを作ればいいことがわかりました。

defrag c:\fs\iとか
defrag c:\fs\g
みたいな感じ

これを書いたBATファイルを作ってタスクスケジューラーに登録することで定期的にDEFRAGが動くようになります。

PhenomIIが気になる

全不調だったあゆちん4号は、結局いろんなことをした結果、元々不安定だった原因らしきものが見えてきたため、元の鞘に戻ったというか元の構成にしてWindows Home Serverを動かすことにしました。
詳細は落ち着いてから改めて書こうと思います。

ということで、PhenomIIが気になる。
値段が手ごろになったのが直接的な原因ですが結局 AMD用のM/Bを3枚用意して今CPUが2個(Athlon X2 4850eとPhenom X4 9350e)で1個足りないwwwww

あゆちん4号がVista地デジPCから退いてWindows Home Server環境に戻ったため常時モニタに接続する必要性が基本的になくなったことで、ビデオ入力も1個あまってるし・・・・w

本当なら、Q9650かCore i7辺りを狙うのが筋なんでしょうけどね~
今週末にでも見てこようっと

あゆちん4号 トラブル中・・・

一度は、Windows Home Serverで安定したと思われていたあゆちん4号なのですが最近、地デジチューナーとHDDを2本追加したため、OSをWindows Home Server から Vistaへ変更するために再インストールして24時間 HTPC化を目指していました。
ここまでが先週末までのお話

Vista化されたあゆちん4号はこれで安定したと思っていたところ、稼動して数日も経たないうちに以下のトラブルが発生しました・・・

  • 追加追加したHDDに不良セクタが発生
    今回地デジ録画用に追加した WD WD10EADS 2本同時にディスクエラーが発生したため確認したところ不良セクタが発見された
  • Windows Home Serverの時と同じように完全ハングアップ状態になる・・
    画面は表示しているけど、マウス、キーボードが一切効かない状態でガジェットの時計も止まってる。

とかなり致命的な問題を抱えてしまいました。

この状態がこのまま続くと本来の使用目的を達成することが出来ないので、原因切り分けのためにM/Bの交換に踏み切りました。 (本当は、AMDを捨てたいところなのですがCPUをAthlon X2 4850eからPhenom X4 9350eに換装したため諦め切れません・・)

ということで、どうせM/Bを交換するならAMD780G + SB700ではなく AMD790GX + SB750のM/Bにしようと心に決めてMicroATXのM/Bを探してみたところ簡単に手に入りそうなのがBIOSTARのTA790GX XE だったのでGIGABYTEのGA-MA78GPM-DS2HからBIOSTARのTA790GX XEに変更しました。
これで原因不明のシステムハングが収まればいいのですが・・・・

早速M/Bを換装してOSを入れた後、軽く動作確認をしたのですがひとまずは無問題状態で動いている模様だったのですが、ATIのビデオドライバーを入れた段階でモニタのSYNCが吹き飛ぶ現象が発生しました。モニタとの接続はHDMI -> DVIという特殊な接続方法だったため接続方法が原因かと思い、いろいろ接続方法を変えながら試してみると M/Bから出ているHDMIとBENQ G2400WDとの相性が悪いらしいことがわかりました。

ひとまずDVI接続だと問題がないようなので、 M/B -> DVI -> HDMI -> 切り替え器 -> DVI -> BENQ というちょっと面倒な繋ぎ方でお茶を濁すことに・・
今のところ問題なさそうです。

モニタ周りでこの手の問題が出たのは初めてだったのでちょっと混乱してしまいました・・・

ということで、Vistaのクリーンインストールした段階では一応動いているようですが、長時間電源を入れた状態でどうなるのか?
これについては、環境がある程度落着いた段階で試してみたいと思っています。

DG45FCで・・・・

なんと・・・ 先日発表になったTDP65WのCore2 QuadがCPUサポートリストに載ってるんです・・・
対応CPUは、Q9550S Q9400S Q8200S だって!!
多分対応してくるとは思ったけど本当にやるとは!!

RADEON HD3870

話が前後してしまいましたが、週末、中古のRADEON HD3870を入手しました。
物は、ATI HD3870-512ED4 (CFDが代理店だった模様)で一応純正品の2スロット版と思われます。中古では他のメーカーでも在庫があったのですが1スロット版が多かったため少しでも静音化を目指すためにあえて2スロット版にしました。

今回は、オンラインで入手したのですが付属品は欠品なし、しかも未開封 本体だけ使用されていたようで物自体もとてもきれいでした。(私もできる限り付属品を開封しないようにしています)

早速、あゆちん2号に取り付けて動作確認をしたところ、かなりの静音状態 GPU-Zで見るとファンスピードは25%でした。
この状態で負荷を掛けるとGPUの温度が急激に上がっていくにも関わらずファンスピードが変化せずちょっと怖い状態に・・・・w どうやら25%ファン固定らしいのですがベンチマークを複数測っている最中に時々100%で回っている時がありましたので、完全に固定ってわけではなさそうです。

ちなみに、ATITOOLRivaTUNERでファンスピードを温度ごとに変化させようとしたのですがそれをするとファンが止まってしまうため使えませんでした。ただし、固定で回す分には設定できるようです。

一応、このビデオカードは会社で使ってるあゆちん会社号用でRADEON X1600XTとの交換です。
会社で使うビデオカードとしては贅沢品かもしれないですが・・・・Windows 7用ってことでw(中古、格安?ってことで・・・)

ビデオカードのベンチマーク

手持ちのビデオカードを使って簡単にベンチマークを取ってみました。
計測した環境は、以前と同様にあゆちん2号を使いました。
多分、XPでのベンチマークはこれで最後となります。

環境
OS Microsoft Windows XP Professional SP3 
CPU INTEL Xeon E3110 (Core2 Duo E8400相当) 
M/B GIGABYTE GA-X48-DS5 Rev 1.3 
MEMMORY U-MAX DDR2-800 2GB x 2 
HDD Seagate Barracuda 7200.11 ST3320613AS (320GB x 2 RAID0)

ベンチマークソフト
ベンチマークソフト モンスターハンター フロンティアベンチマーク (解像度だけ1920x1200に変更でそれ以外はデフォルト)
FFベンチ 3 High 
3DMARK05  (既定値)
3DMARK06  (既定値)
デビル メイ クライ4 ベンチマーク (解像度だけ1920x1200に変更でそれ以外はデフォルト)  

ビデオドライバー
NVIDIA GeForce Release 181.20
ATI Catalyst 8.12

以下が計測結果となります。

                            MHF   FFベンチ3   3DMARK05  3DMARK06    DMC
Geforce 7900GTX              2040    9393       11969     6654  D ( 43.72  28.83  52.48  31.98)
Geforce 8800GT               4768    8883       18614    11876  S ( 98.45  72.50 109.81  67.55)
RADEON HD4550 DDR3 512MB      949    7200        7874     3715  D ( 20.1   15.14  22.08  16.26)
RADEON HD4670 DDR3 512MB     2992    8440       16474     8344  B ( 62.23  51.27  61.48  48.45)
RADEON HD3870 512MB          3962    8715       17903    10851  A ( 83.72  67.06 101.42  63.89)
RADEON HD4850 512MB          5652    9217       18448    11841  S (111.08  92.54 124.57  78.66)
RADEON HD4870 512MB          7611    8783       18760    13018  S (147.96 121.65 163.00 105.66)
RADEON HD4850 x 2 (CF)      11209    8644       20154    14724  S (219.14 183.12 252.34 150.31)

まぁ FFベンチを除いては性能と値段なりというところでしょうか?
Geforce 8800GTは一世代前のものでRADEON HD48xxシリーズと較べるのはちょっとかわいそうですけど結構かんばっている感じ

8800GTと同世代のHD3870は8800GTと較べると1割減というところでしょうか

FF11に限って言えば、高解像度(1920x1200)にしなければ何を使っても不満はなさそう?w
1920 x 1200クラスで不満なさそうなのは、HD4670以上ってところでしょうか?

後は、この数値を見てどう思うかはお任せします^^;

DG45FC CPUファンが煩い理由

すでに既知の話かもしれませんが、INTEL DG45FCでCPUファンが突然ぶぅ~んって煩くなることについていまさらながらやっと原因がわかりました。

私の環境だけかもしれませんがCPUファンが唸る時、どうもCPUの温度センサーがエラーになっていて不正な温度を示していることが原因でした。(電気で言うところの瞬断みたいな症状?)
こうなってしまう原因は定かではありませんが、CPU温度のセンサーの瞬断に敏感に反応してCPUファンが全開で回るようになるのです。

これについては、今のところ防ぎようがないのでCPUファンはやはりファンコンでコントロールするのが無難そうです。

ASUSでMini-ITXのG45 M/Bが出たら買い換えるのになぁ・・・

Princeton PTFBGF-22WとRADEON

家族用のPCで使っているブラウン管モニタの調子が悪いのでモニタをPrinceton PTFBGF-22Wに交換しました。

このモニタにはDVI入力がない代わりにHDMIが2系統あるので、

PTFBGF-22W <- HDMI <- DVIケーブル(付属)<- RADEON 2400Pro

な感じで接続してひとまず表示はしたのですが・・・
PCの解像度を1920 x 1080にすると画面が縮小された状態で表示されて表示されてしまいました。
モニタ側の設定を変更しても何も変化しないため、ビデオカードの設定で何かできるところがないかと探してみたところスケーリングオプションの設定が下記のようになっていて、アンダースキャン側に設定されていました。

設定前
Monitor1.jpg

設定後
Monitor2.jpg

これを0%に戻してやると全画面で表示されるようになりました。

CF-S668-BK

あゆちん5号は、先日入手したANTEC SonataIIに入れて使っていましたが、せっかくMini-ITXのM/Bを使っているので試しに余っていたサイズのCF-S668-BK(ケースの大きさとか精度が気に入らなくて放置していました)を使ってみることにしました。

構成は
INTEL DG45FC Core2 Duo E7200です。
室温 16℃

取り付け自体は、CPUクーラーをサイズのSHURIKEN(手裏剣)では、端の電源に接触していまうため純正ファンに変更した以外はあっさり換装することができました。

で、早速動かしてみたのですがやはりというか予想通りPCケース内の排気を電源のファンだけに任せているためCPU温度が高めを示しています。また、CPUファンも900rpm(純正)付近をうろうろしていている状態でもCPU温度はアイドル状態でも50度(Core Temp読み)程度から落ちることがなくなりました。INTELのIDUで見るとProsessor Thermal Marginも56℃前後を行ったり来たりしている状態

IDOL.jpg

Prime95を15分程度動かしてみると大体、Core Temp読みで70℃ぐらい IDUではこんな感じで何とかCore Temp読みで70℃前後を保持しようと努力している感じ?
Stress.jpg

今は冬場なのでそれでもあまり気になりませんが、夏場を考えるとちとまずい気がしています。
とりあえずは、このまま使ってみようと思いますが冬を過ぎて温度がまずそうになったら別のケースに換装することにしようと思います。

結論としてこのケースはATOM程度の発熱量だったら夏場でも問題なさそうですが、Core2 Duo系を使うには無理があるかなぁと。。。(排気ファンを取り付ければ何とかなるかも知れません

不思議なことが起きた。

WHS2号機を地デジ視聴/録画兼用にした結果、現状でも取り合えずは問題なく地デジチューナーが動くようになったのですが、FFXIとかのゲームをするとき、オンボードのRADEON HD3200では役不足(解像度が1920 x 1200なのが原因と言えば原因ですが)なので外付けのビデオカードを入れようとったのはいいのですが24時間稼動が前提なためできるだけ省電力環境するのが目標なので、むやみに速いビデオカードではなく、FFXIがそれなりに動いて省電力のビデオカードを選ぶことにしました。 その結果、選んだのはRADEON HD4550 (GIGABYTE GV-R455D3-512I)でファンレスです。
ファンレスにした理由は静音化というのもありますが、24時間動かしているのでできるだけ稼動部分を減らしたいと思ったからです。

早速、このビデオカードを入れてからBIOSの設定でInternal Graphics ModeをDisableにした状態で一通りの動作を確認して、「PCastTV for 地デジ」を起動して地デジの感じを確認したところ、視聴自体はまったく問題なし状態なのですが、これから選べる「ファイル一覧」などのウィンドウ表示がなぜかわからないけど激遅になってしまいました。

オンボードの時(HD3200)の時はそんなこと感じたことなかったのですが・・・

原因らしきものは見当たらなかったため、少しでもパフォーマンスをあげてみようと思ったところこのM/Bでは、オンボードのHD3200と外付けビデオカード(RADEON)でCrossFireX構成にできることを思い出しました。

BIOSの設定でDisableにしたオンボードビデオをEnable(UMA+SidePort)にしてSurround ViewをEnableへ変更して再起動(これで4画面表示モードになります。)

でも・・・ CrossFireXの設定タブがCatalyst Control Centerに出てきません・・・
マニュアルを読んでみると・・・ Vistaしか対応してないんだって・・・・ (ノД`)シクシク

CrossFireXに設定することはできませんでしたが、せっかく起動したんだから先ほどと同じように「PCastTV for 地デジ」を起動した後、「ファイル一覧」を表示されたところさっきとはまったく別物のように快適に表示されるようになりました・・・・
なんで・・・・????

もしかして、UMA+SidePortの設定したことでメインメモリが4GB -> 3.5GBに減ったのが原因なのか?
と思い、今度は、オンボードビデオをDisableにして、boot.iniに /MAXMEM=3072を追加 この設定をすると、OS上でメインメモリを3GBと認識するようになります。

この状態で先ほどと同じように試したところ・・・ 多少速くなりましたが先ほどの快適さとは程遠いほどもっさりしています・・・・

なんか理由はわかりませんが、オンボードビデオをEnableにすることで快適になったのでそのままの設定で使うことにしました・・・・

地デジチューナー その後

WHS2号機にBUFFALOのDT-H50/PCIEWを入れて付属のCDでインストールしてみたところ正常に動作したように見えました。
そこで、去年末にアップデートされた「PCastTV for 地デジ アップデータ Ver.1.11」をインストールしたところ、見事に動かなくなったのでした・・・

そもそも、このアップデータを実行するとOSのチェックが入っているらしく Windows Server 2003上からはインストールを行うことができませんでした。(この時点でアウトと言ってしまえばそれまでですが・・) なので、このアップデータが解凍されたフォルダにある実行ファイルを全部、"Windows XP"互換モードで起動するように設定したところ、インストールは正常に完了しシステムの再起動を行った後、しばらくすると「アプリケーションポップアップ」が表示され、イベントログを見るとDCOMのエラーが記録されていました。
DCOM.jpg
このログに含まれているGUIDをレジストリから検索すると、案の定これに関連するものでした。
そこで、サービス一覧を見てみると・・・ 自動起動に設定されている以下の2つのサービスが停止状態になっています。 無理やり、「開始」させてみても下記のエラーが出てサービスが開始されません。
TVECapSvc.jpg
TVESched.jpg

注)このSSは正常時のものです。

やっぱり無理やりアップデータをインストールしたことが原因なんでしょうねぇ・・・
でも、CDからインストールしたバージョンは正常に動作しているのでインストールの問題なのか?
それとも、アップデートされたモジュールに問題があるのか? わからんです・・・

取り合えずは、アップデータを当てない状態でしばらく使ってみようと思います。

なーんかいい解決方法ないかなぁ・・・

追伸:
WHS2号機のCドライブの容量を20GBから200GBにサイズを広げました。
今のところ問題なさそうな感じです。

WHSで地デジチューナーが動いた

先日、Windows Home Server上で地デジチューナーが動きそうな感じだったので、今日は、本番環境のWHS2号機を使ってみることにしました。
WHS2号機は、Athlon X2 4850e + GIGABYTE GA-MA78GPM-DS2H(AMD 780G) ベースで動いている環境です。
結論から言うと「バファローのストリームテスト for 地デジ」でテスト結果が以下

日付:2009年01月06日
時刻:23時26分53秒

地デジ視聴環境測定 計測完了 Ver 1.20
■結果:OK
 このパソコンでバッファローの地デジチューナをご利用いただけます。
■Windowsバージョン:OK
 Windows XP SP2
 対応OSです。
■ディスプレイアダプタ:OK
 ATI Radeon HD 3200 Graphics
■選択可能な視聴モード
・DPモード [最高画質 著作権保護(DVI出力/HDCP)が必要なモード]
 △CPU負荷が高い為 問題が発生する可能性があります。
・HPモード [高画質 著作権保護(DVI出力/HDCP)が必要なモード]
 ○利用可能です。
・SP/LPモード [中画質/低画質(長時間録画用)モード]
 ○利用可能です。
・LLPモード [低負荷(長時間録画用)モード]
 ○利用可能です。
■ハイビジョン対応:OK
 このパソコンはハイビジョン視聴が可能な著作権保護に対応しています。
■音声出力
 特記事項なし。
■詳細
----DP---- ----HP---- ---SP/LP--- ---LLP---
・表示確認
 目視確認 :OK OK OK OK
・描画フレーム
 再生時間[s] :16.294 6.616 7.909 6.679
 再生フレーム数 :471 187 227 190
 フレーム描画割合[%] :96.30 94.07 95.53 94.57
・CPU負荷
 平均[%] :60 32 29 24
・HDD録画可能時間[時間]
 ドライブ c: (空き12.27 GB) :1 3 4/6 13
 ドライブ d: (空き879.48 GB) :125 250 333/500 1000
 ドライブ e: (空き931.42 GB) :132 264 353/529 1059
・著作権保護機能対応
 DVI出力/HDCP対応 → TVプロファイル DP :○
HP :○
SP :○
LP :○
LLP :○
・メモリ容量
 3.50 GB RAM OK

で、DPモードで▽マークがついてしまいました。
当初は、ビデオカードが追いつかないと思っていたのですがどうやらビデオカードよりもCPUがボトルネックになってしまったようです・・・・
CPUパワーが足りないと言われても交換できるCPUを持っていないのでインストールを強行してみたところあっさりDPモードで動作しましたwww

結論から言うと、Windows Home Serverで地デジチューナーは動作しました。

っとここまではよかったのですが、Cドライブ(20GB)の容量がかなり減ってしまったため以前行ったCドライブのパーテーション拡張を試みようと思っています。

実際の作業は明日以降になると思います・・・

WHSで地デジチューナーが動くか?

取り合えず試してみようと思います。
今稼動しているWHS機でいきなり試すのは危険なので、あゆちん3号を実験台にします。
あゆちん3号で「バファローのストリームテスト for 地デジ」を動かして確認したところすべて問題なく
動作するとのことでした。

ということで、あゆちん3号の環境をXPからWHSに変更してみることにしました。
元々の環境はすでにWHS1号機に最新がバックアップされているので元に戻すのは簡単なので気軽にできるのがいいですね^^

その前に、私が入手した地デジチューナー BUFFALOのDT-H50/PCIEWでは、PcastTV for 地デジというソフトウェアをインストールする必要があります。このソフトウェアをインストールする時、CDキーを入れる必要があるのですがBUFFALOのQ&Aにちと怪しい

PCastTV for 地デジのインストール時に必要なCD-keyとは何ですか
PCastTV MediaServerのインストールができません

ものがあり、すでにインストールしている環境から別の環境に移動した時、CDキーが再認識されない可能性がありそうな予感なのです。 一応、Q&AにはPCastTV MediaServerのことしか書いていないので、PCastTV for 地デジに関しては問題ないのかもしれませんが仮にPCastTV for 地デジを再インストールを行った際、PCastTV MediaServerと同様の現象が起きてしまうと要らぬお金を支払う羽目になってしまうためどうしたものかと・・・・・

Q&AにはPCastTV for 地デジのアンインストールの方法があるぐらいだからアンインストールした後の再インストールは問題ないと信じたいところです。

さて、WHSのインストールが完了したので、ビデオドライバ、サウンドドライバをインストールして「バファローのストリームテスト for 地デジ」を動かしてみた結果が以下

日付:2009年01月06日
時刻:01時52分51秒

地デジ視聴環境測定 計測完了 Ver 1.20
■結果:OK
 このパソコンでバッファローの地デジチューナをご利用いただけます。
■Windowsバージョン:OK
 Windows XP SP2
 対応OSです。
■ディスプレイアダプタ:OK
 ATI Radeon HD 4800 Series
■選択可能な視聴モード
・DPモード [最高画質 著作権保護(DVI出力/HDCP)が必要なモード]
 ○利用可能です。
・HPモード [高画質 著作権保護(DVI出力/HDCP)が必要なモード]
 ○利用可能です。
・SP/LPモード [中画質/低画質(長時間録画用)モード]
 ○利用可能です。
・LLPモード [低負荷(長時間録画用)モード]
 ○利用可能です。
■ハイビジョン対応:OK
 このパソコンはハイビジョン視聴が可能な著作権保護に対応しています。
■音声出力
 特記事項なし。
■詳細
----DP---- ----HP---- ---SP/LP--- ---LLP---
・表示確認
 目視確認 :OK OK OK OK
・描画フレーム
 再生時間[s] :7.552 6.769 6.554 6.650
 再生フレーム数 :214 190 184 187
 フレーム描画割合[%] :94.33 93.63 93.43 93.77
・CPU負荷
 平均[%] :38 23 15 15
・HDD録画可能時間[時間]
 ドライブ c: (空き15.61 GB) :2 4 5/8 17
 ドライブ d: (空き576.00 GB) :81 163 218/327 655
・著作権保護機能対応
 DVI出力/HDCP対応 → TVプロファイル DP :○
HP :○
SP :○
LP :○
LLP :○
・メモリ容量
 4.00 GB RAM OK

ということで、幸いにもWindows Server 2003にも関わらず Windows XPと認識してもらえたので動きそうな予感です。 今日はもう遅いのWUを当てて終了としますが、明日以降、実際に地デジチューナーを付けてドライバやソフトウェアをインストールして確認してみたいと思います。

正直、OSチェックで跳ねられると思っていたのですがあっさりチェックOKになるとは・・・w

もし、本番環境のWHSで地デジチューナー環境が安定したら24時間稼動のメインPCで使える環境になるわけで、そうなったらDE配下じゃないディスクを1本繋げてそのドライブに番組を録画すればいいし・・・・

何よりも24時間稼動するPCが1台に絞れるのはとてもいいことです・・・w

後、メインPCにで使うならCドライブのディスク容量が20GBなのがネックなんですがこれについては強引に広げる方法を以前確立しているのでそれを試してみればいいのかな?と思っています。

24時間PCを1台にしたい・・・

地デジ録画PCを用意してしまったことであゆちん家で24時間稼動しなければならないPCが3台になってしまいました。 内訳は、WHSが2台とメイン兼地デジ録画・視聴PCが1台です。

それぞれの用途は
WHS1号機 -> クライアントのバックアップとリモート接続用
WHS2号機 -> データのバックアップとメディア共有用
あゆちん5号 -> メイン兼地デジ録画、視聴用

となっていますが、実際にこれを書いているのはメインPCのあゆちん1号と訳のわからないことになってます・・ だって、あゆちん5号ではTVをフルスクリーンで表示しているためこれを書くことができないんです;;

ということで、3台の機能(用途)を1台にまとめるためにはどうしたらいいか?
まず、思い浮かぶのが仮想化環境を使うこと。
仮想環境ということでWindows Server 2008のHyper-Vが思い浮かびますがHyper-Vを使うためには、64Bit VT環境を用意することになるわけですが幸いにあゆちん5号で使っているC2D E7200以外はすべて対応なので問題なしです。
しかし、地デジ環境は仮想化環境では動かないため実環境上に構築する必要があります。
そうなると、64bit WS08環境はNG(たぶん・・・)なので、地デジ環境を動かすためには32bit VistaかXP環境が必須となることでWS08を選ぶことができなくなり、必然的にHyper-VはNGとなります。
32bit Vista or XP環境で使える仮想環境は、Visutal Serverということになるわけです。

WHS環境については、仮想環境で動くので問題ありません。
ただ、WHS上で使っているデータ容量がすでに2.0TBぐらいあるためこの容量をVirtual Server環境
で用意するのはかなり無理がある状況なのです・・・ (リアルマウント機能があったと思うのでそれでいけるのか?という気もしてますが・・ 実際どうなんだろう・・・・?)
後、可能性があるとしればiSCSIを使うのですが・・・ iSCSIサーバは高いし・・ 仮にPC上でiSCSIサーバ環境を構築できたとしても結局iSCSIを使うためにPCを1台動かす必要が出てくるわけで・・・・ なんかいい方法ないかなぁ・・・・

一番、確実というか簡単な方法はWHSで地デジチューナーが動くことなんですけどねぇ・・ それさえクリアできればPCを1台にまとめるのは簡単なのですが・・・・

バッファローさん・・・ WS03で地デジチューナーとソフトウェア 動きませんか・・・・?w

HDMI・・・・

去年に入手したBENQの24インチ液晶モニタ G2400WDなのですが、HDMI接続をしているPCの電源がOFFになったりモニタ(Sync)がOFFになると真っ青な画面になる症状を何とかするために、少し面倒なことを考えています。

前にも書きましたがこの症状はHDMI接続のときにだけ発生する問題でDVIやD-SUB接続では発生しません。そこで普通に考えるとDVI切り替え機を買ってPCを切り替えるようにすれば問題は解決するのですがとにかくDVI切り替え機は高い・・・のです。
そこで考えたのがHDMI -> DVIに変換するケーブルを利用することです。

PCの切り替えはDVIではなく手ごろなHDMI切り替え機を使用して切り替え機とモニタをHDMI -> DVIという接続にします。そうすることでモニタとの接続はDVIとなるためHDMI接続の問題は解決します。
これの欠点はHDMIの利点であるサウンドを別接続にする必要が出てくることなのですが、現状、HDMI経由でサウンドを鳴らしていないためひとまずこの点は問題ありません。

ということで、ものを探してみたのですが、
HDMI 切り替え機が大体 \2,000
HDMI -> DVI変換ケーブルが大体 \1,300
HDMIケーブル 1.5m が大体 \1,300

と\5,000以下で1台のモニタで4台のPCを切り替えることができるようになります。

ただ、PCからはHDMIとなるため、HDMIに対応したビデオカードを使うことになるのですがこれに繋げる予定のPCたちにはHDMI出力があるので無問題です。

機会を見てこの手のパーツを入手してケーブルを繋げ直そうと思っています。

@あゆちん5号がメイン兼地デジ録画PCになったことで4時間連続稼動状態のPCが3台担ってしまいました。それぞれのPCは省電力を意識して構成しているので安易な状況ではないですがやはりエコとは言えない状況となってしまいました・・・・

RADEON HD4800シリーズ ベンチマーク

先日、衝動的に入手したRADEON HD4870のベンチマークを軽くやってみました。
ベンチマークに使ったPCはあゆちん2号で、スペックは下記です。
OS Microsoft Windows XP Professional SP3 (32bit)
CPU INTEL Xeon E3110 (3.0GHz) E8400相当 SLAPM
M/B GIGABYTE GA-X48-DS5 Rev 1.3
MEMORY U-MAX 4GB (DDR2-800 CL5 2GB x 2)
電源 ANTEC TPIII 550 (550W)

今回使用したビデオドライバはCatalyst 8.12で設定はすべてデフォルトです。
使用したベンチマークソフトは
・3DMARK05 (既定値)
・3DMARK06 (既定値)
・FFベンチ3 High
・デビル メイ クライ4 ベンチマーク (解像度だけ1920x1200に変更でそれ以外はデフォルト)
・モンスターハンター フロンティアベンチマーク (解像度だけ1920x1200に変更でそれ以外はデフォルト)

使用したビデオカードは、
*1 SAPPHIRE HD 4870 512MB GDDR5 PCIE Silent Efficiency
*2 HIS HD4850 IceQ 4 512MB GDDR3 485QS512P
*3 SAPPHIRE Radeon HD 4850 512MB GDDR3 PCIE
*4 HD4850のCrossFire X48ベースなので PCI-E x16 x2で動作

 HD4870 *1HD4850 *2HD4850 *3HD4850(CF) *4
3DMARK05 18760 1769118448 20154 
3DMAKR06 13018 11674 1184114724
FFベンチ3 High 8783 8649 92178644
MHF 7611 5677 5652 11209
DMC4 (SCENE1) 147.96 111.34 111.08 219.14
DMC4 (SCENE2) 121.65 91.65 92.54 183.12
DMC4 (SCENE3) 163.00 124.47 124.57 252.34
DMC4 (SCENE4) 105.66 76.77 78.66

 150.31

DMC4(RANK) S S S S

 

 

 

 

 

 

 

 







という結果となりました。
数値的に言うとFFベンチ3はCF効果がないこととCPUベンチ化してしまっているためビデオカードによる差というのはほとんどありませんでしたが、それ以外でHD4870の性能はスペック通りでHD4850の1~2割増し性能ってところだと思うのですが、HD4850 CF環境では一応、HD4870単体よりも性能はアップしていますが 3DMARK05,3DMARK06の伸びがイマイチのような気がします。これは私の環境依存かもしれませんが・・・・・ その代わり、DMC4やMHFのベンチではCFの効果がかなり現れているようなのでまぁ 満足できる結果とも言えると思います。

後、ベンチマークを走らせていて気になったのは、HD4870のファン音でファン速度が40%を超えるとかなり耳障りになっていたことです。一応、リファレンスよりも静音化されているようですがHISのICE Qや私が換装したZAWARD ZAV-Accelero TWIN TURBO と較べると爆音と言わざるを得ないというところでしょう・・・
GPUファンの静音化に関しては、ZAWARD ZAV-Accelero TWIN TURBO の同等品を使ったHD4870やついこの間出た HISの HD 4870 IceQ 4+ 512MB(256bit) GDDR5 PCIe (今はOC版しかないようですが・・・) HD4870のリファレンス + ZAWARD ZAV-Accelero TWIN TURBO にすることを考えたら始めからHISのにしておいたほうが無難かもしれないですね・・・・ (定格が発売されていれば多少高くてもそっちにしたんですけどねぇ・・・ って、HD4850と同じことしてるじゃん。。。 あたし・・・・)

さて、現在
HD4870が\20,000中盤ぐらい。
HD4850が\10,000前半ぐらい。

普通に使っている分にはHD4850シングルでも十分満足できそうな感じなのはさておき、 HD4850 CF環境って電源容量が足りているなら、コストパフォーマンスが高そうな気がするのは私だけでしょうか?

なお、今回使用した電源は550W (ANTEC TPIII 550)だったのですがひとまず容量的には間に合った模様です。ただ、短時間のベンチマーク程度なので高負荷が長時間続くような場合にどうなるのかわかりません・・・ なので、本気でCF環境にするなら余裕を見てやはり 650W以上の電源を用意しておいたほうが無難でしょうね・・・

2009年 秋葉原

お題がちとおかしいですが、本日、秋葉原にて家族用PCのパーツを入手すべくGO
すっげー混んでましたよ・・・ 早めに行ったつもりなのにいつも入れる駐車場は満車状態で止めるまで結構時間が掛かってしました。

今回の目的は、Core i7ではなく・・・ 調子の悪いDVDドライブとカードリーダーを入手するのが目的です。午前中に行ったにも関わらず、どのお店もかなり混んでいて落着いてパーツを物色することが出来ませんでした・・ とはいえ 今回手に入れたのは、入手したパーツは以下の計5種

  • SAPPHIRE HD 4870 512MB GDDR5 PCIE Silent Efficiency
    コアクロック:750MHz メモリクロック:1800MHz(データレート) メモリインターフェイス:256-bit ボード寸法:111(W) x 241(H) x 37(D)mm (突起部除く)
    これは、平行物で\20,000ぐらいだったため衝動買いです。
  • Inno3D GeForce 7950 GX2
    Inno3D GeForce 7950 GX2 
    これは、修理上がり品で激安価格だったためこれも衝動買い
    これについては後ほど書きたいと思います。
  • Pioneer DVR-216D x 2
    あゆちん2号と家族用PCのDVDドライブが調子悪いため安いものを適当に購入
  • Western Digital WD10EADS x 2
    あゆちん5号に地デジチューナーを投入したため番組録画用のHDDとして購入
  • Owltech FA506(B)/BOX
    これは家族用PCにカードリーダーがなかったため購入

と言うことで、気がつくとビデオカードが2枚あるわけで・・・その中の1つにGeForce 7950GX2という2つのGPUが1枚のカードになっているビデオカードを入手しました。
本当は、手ごろな7900GTXとSLI対応のM/Bでもよかったのですが、1枚でSLIにできるという当時10万近くしたカードだったのでつい動けばラッキー?程度で入手しましたが・・・
結局、動作はしたのですがファンが壊れているらしく異音がすごくてダメダメでした。。。。
2GPU載っているタイプなのでGPUのファンが特殊らしくサードパーティ製のクーラーに変えることもできそうになかったことと、ジャンク品で2コイチにすることも考えたのですが、物がどこにもなかったので仕方なくお店にTELして返品することにしました・・・

これがまともに動いてくれてればかなりいい買い物だったんですけどねぇ・・・ 残念です;;
いっしょに手に入れたHD4870が激安?だったのでまぁよしとしましょう。

HD4870については暇を見てどこかのPCに入れてみたいと思いますが・・基本的にHD4850のOC版という感じなので目新しいものは何もないでしょう・・・・・ (だからGF7950GX2がまともに動いてくれれば・・・・・という期待があったんですけどね・・・・)

謹賀新年

遅くなってしまいましたが「あけましておめでとうございます」
本日、秋葉原にて今年初のお買い物をしてきました。
プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。