スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Intel Xeon L3110

Xeonですが TDP45WのDual Core CPUが発売されたそうです。
要するにXeon E3110(Core2 Duo E8400相当品)のTDP 45Wモデルということだろうから既存のM/Bで動きそうな予感です。このCPUとG45ベースでWindows Home Serverみたいなサーバを動かすもよし、HTPCで使うのもよしでかなりいい感じで使えそうな予感です。

そういう意味ではこの前でたTDP 65WのQuad Coreもかなり魅力的なんですけど・・・値段が高すぎ!w 
スポンサーサイト

DG45FCのDVIが壊れた

Mini-ITXケースのITX-200/300Wで動かしてたINTELのDG45FCを当初使っていた激安ATXケースに戻しました。戻したまではいいのですが・・・ 組み直して動作確認をしたところなぜがDVIからの出力が正常にでなくなりました・・ 具体的には赤い画面でシマシマ状態・・ 何が悪いのか・・・さっぱりわかりませんでしたが、幸いにHDMI出力は生きていたのでHDMI->DVIケーブルを使ってモニタに接続するようにしました。

なんでか知らないけどDVI出力が壊れたらしい・・・・・

つか、なんか手間が掛かるM/Bだなぁと・・・
ということで、先週末に出てきたZOTACのGF9300-D-E 値段は高いけど気になる一品です。
このM/BならITX-200/300Wで耐えれるかな?(無理だろうなwwwww)

というか、そこまでMini-ITX環境にこだわる理由はあるのだろうか?

42インチの液晶TVにつなげて使う分には省スペースは有効だけど・・・・ 意味をあまり感じないのも事実・・・・

ディスクが壊れたっぽい

FF11専用で使っているあゆちん2号のHDDの調子が悪くなってしまいました。
具体的な症状は、先日突然STOPエラーが発生してその後、BIOSでディスクが見つからなくなりBOOTできなくなりました。
このPCのHDD構成は、Seagate 320GB (Barracuda 7200.11 ST3320613AS)を2本使ってRAID0構成で使っています。

その後、何度か電源のON/OFFを繰り返すと今度はBOOTするようになったのですがいつまでたってもOSの起動が完了しない状態に・・・・ この状態でHDDに耳を近づけてみると・・ どちらかのHDDがスピンアップ・ダウンを繰り返している状態でした・・・

こりゃ 壊れたかなぁ・・ と思って何度か再起動を繰り返すとOSが無事立ち上がってきたので急遽バックアップ開始、無事バックアップが終わったところで本格的に調べようと思ったらそれから何事もなかったように動くようになってしまいした。

とりあえずは動くようになったのでよかったはよかったのですが・・予備のHDDを持っているわけもなく。。。 突然壊れたらFF11ができなくなるわけで・・ さて、どうしたものか?と悩み中です。
どうせ交換するなら、もともとゲーム専用PCなのでHDD容量はほとんど必要ありません(OSを含めて20GBもあれば十分)ので容量の少ないHDDで十分なんですが、容量の少ないHDDがそもそも存在しないしあったとしてもコストパフォーマンスが悪すぎます。
そこで、SSDということになるんですけどMLCだとプチフリがいやなのでできればSLCがほしい。
SLCは高いので無理だとして安いMLCのSDDを2,3個用意してRAID0にして使うってのが現実的?でも3台も買うとすごく高い買い物になってしまいます。

どうせ高い買い物になってしまうならINTELのSSD X25-E(SLC 32GB)を1個投入したほうが満足度が増すことは間違いなし。 SLCが無理ならX25-M(80GB)でいいのですが、X25-M とX25-Eでは容量はぜんぜん違いますが値段は大差なし。

元々、HDD容量は多く必要ないし必要になれば1TB程度のHDDを増設すればいいだけなのでシステムディスクの容量が必要最小限でも無問題。
ということで、どうせ投入するならINTELのIntel X25-E Extreme SATA Solid-State Drive (32GB SLC)がいいなぁと思う今日この頃です。

もう少し安くなれば即買いなんだけどなぁ・・・・

DG45FC with ITX-200/300W

ITX-200/300WにINTELのDG45FCを入れて使っているのですが・・・ どーにもCPU温度が高いのが気に入らない。しかもICHが100℃近くあがってしまうのがもっと気に入らない!!!

G45とCore 2 のMini-ITX環境って無理があるんだろうなぁ・・・ と痛感中

きっと気にしない人は気にしないんだろうけど・・w

結局、普通のATXケースに入れ直しそうな予感です・・・
というかですね・・ 無理にMini-ITXで動かすために手を入れるコストを考えたら適当なATXとかMicro-ATXケースに入れちゃうのが手っ取り早くて安定するはずなんですけど・・・何のためのMini-ITX M/Bなんだ!! と・・・

いくらM/Bが省スペースだからって言ってもケースが大きければ意味ないですよね・・
大きいケースで使うつもりなら ASUSのP5Q-EMのほうがよっぽど使い道ありますわ・・・

M/B単体としてDG45FCって悪くないと思うんだけどみなさん、どんなケースに入れて安定稼動させているのだろう・・・・?

Audiodg.exeのハンドルリーク

Vistaの64ビットで動いているあゆちん1号なのですが長時間動かしているとハンドルめちゃくちゃ増えていることに気がつきました。
タスクマネージャのプロセス一覧からハンドルをいっぱい持っているプロセスを調べてみると、Audiodg.exeというプロセスがめちゃくちゃハンドルを持っていることが判明。いろいろ調べてみると、どうやらP5Q-DeluxeのSoundMaxが悪さをしている模様

コントロールパネルから ハードウェアとサウンド -> サウンド -> サウンドの設定
Sound.jpg
でスピーカーをのプロパティを表示して「システム効果音」タブを選びます。
Pro.jpg
このプロパティの中に「システム効果音を無効にする」という設定があるのでそれにチェックを入れるとハンドルリークが収まるようになりました。

今までぜんぜん気がつかなかった・・・・

お気に入りのDVD-VIDEO

突然ですが・・・ 最近お気に入りのDVD-VIDEOの紹介です。

The World of GOLDEN EGGS
USAVICH(ウサビッチ)
猫ラーメン

バックアップメモ

C:\Program Files\Windows Home Server\backupengine.exe <- これを実行すると自動バックアップが実行される。
C:\Program Files\Windows Home Server\backupnow.exe <- これを実行すると手動バックアップが実行される。

自動バックアップが気に入ったように動かないのでこれを使って何とかしてみようと考え中

やり方は簡単 vbscriptかbatで以前バックアップした時刻と現在時刻が24時間を越えていたら起動するって感じ

最後にバックアップが完了した時刻(開始でもいいや)は適当なレジストリに記録
このレジストリに書かれた時刻と現在時刻を比較
24時間以上経過してたら backupengine.exeを実行する

という感じでいかがでしょう?w

IDG4510H.86A.0089.2009.0109.1553

今度は、INTEL DG45FCのBIOS話です。
以前、このM/BでCPUファンが突然煩くなる症状を調べた結果、CPUの温度センサーがたまに0℃を示すことが原因でCPUファンが全開で回っていたと書きました。

この症状は、瞬間的に発生するようでIntel(R) Desktop Utilities Version 3.0のOption -> Set/View/Print Alert Historyに記録されていたことで気がつきました。
その後、今年に入って新しいBIOSがアップデートされたようなので、今日、BIOSを0087 -> 0089にアップデートしました。 んで、なんとなく上に書いたツールでアラートが記録されているか確認してみると・・・ あれ? 今まで割りと頻繁にログされていたCPU温度のログが一切記録されていません・・・・・

もしかして、直った?

CPUファンの件については後ほど追記したいと思います。

続きを読む

あゆちん5号のPCケース

書き忘れてた・・・・ あゆちん5号のPCケースをサイズのCF-S668-BKに変更したのですがやっぱりすっげうるせー!! ってことで秋葉に行ったついでに(3週間ぐらい前かな?)ユニットコムのITX-200/300Wをお持ち帰りしました。 このケースにした理由で一番大きかったのがショップブランドでDG45FCを使ったPCケースがこれだったことでショップブランドで使ってるPCケースならなんとかなるんじゃないかな?ということと検索してみるとこのPCケースとDG45FCの組み合わせで使っている例があったからです。

ということで、このPCケースで組んでみたのですが案の定、CPUやICHの温度が高目状態で、CPUクーラーはスペースの問題で純正しか使えないことでした。
ケース内温度についてはある程度想定していたので早速対策を取ることに。。。
M/Bのファンコンは以前書いたとおりCPUの温度センサーが安定しないためそのまま使えません。
また、標準ではケース内にファンを付けることができないのですがHDDを取り付けるスペース(向かって右側側面でケース外に穴がいっぱい開いてるほう)があるので、CPUクーラーのファン(純正)と側面に取り付けた12cmファンを拡張カードを取り付けるスペースに2chのファンコンを取り付けて調整することにしました。

CPUクーラーのファンコンについては問題なかったのですが思った以上にファンを高速に回しても冷えません。当初12cmファンは吸出し(ケース内から外へ熱気を出す方向)にしていたのですが、あまり効果なし。 ということで、結局、側面に取り付けた12cmファンを吸出しから吸い込みに変更してファンの位置をCPUクーラーの側面にできるだけ近づけて取り付けるようにしました。 (12cmファンは固定しなくても綺麗に入りますが、取り外す時怪我するほど硬く固定されます) その結果、現状(冬)の時点では満足できる温度に調整できたと思っています。(それでも Core Temp読みで50℃付近でうろうろしているため、温度は高めになってますが・・・)


PC関連で今後やってみたいこと

ということで、ちと今後やってみたいことを書いてみようと思います。

  • MINI-ITXケース(ITX-200/300W)の中で動いているINTEL DG45FCにQ9550Sを入れてみたい。
    まったく必要性を感じていないんですけど、TDP65WのQ9550Sは省電力PCの観点では気になる存在です。値段は決して安くないと予想できるので対費用効果は微妙ですけど・・・・・
  • PhenomIIを使ってみたい
    今出てるPhenomIIは大抵の既存M/BにBIOSをアップデートすることで使えそうということで手持ちで余っているASUS M3A78-EMを使って動かしてみたい。 問題はTDPが125Wで性能がINTEL Quad系にどれだけ近づいてきているか?
  • 激安で入手したANTEC SONATAIIを窓から捨てたい
    んー これについては微妙なんですが・・・・ このケースを使ってるとHDDの温度が高目になっているのがすごく気に入らない。HDDの温度をスマートに下げる方法が見つからないので、ケースをSoloかP180に変更したいところ。

んなところでしょうかね~ まぁ必須事項は何もないので・・・

Phenom X4 9350e

あゆちん4号の安定化過程で入手したCPUで今はぶっちゃけいらない子になっている AMD Phenom X4 9350eについて少し書きたいと思います。

このCPUの売りというか特徴は、価格,TDP65W,Quad Core,AMD Virtualizaitionが思い浮かびます。
Windows Home Server用のCPUで当初からこのCPUが候補にあったのですが去年の夏時点では結構値段が高かったためTDP45WのAthlon X2 4850eを使うことに決めた経緯があります。
その後、偶然というか必然というか値段が安くなったPhenom X4 9350eを手に入れたわけですがこのCPU、処理性能を除いて上に書いた特徴を持っています。

  • 価格
    Quad Coreでこの値段(2009/01時点 約\13,000)は最安のCPUだと思います。Quad Coreが安い値段で手に入ると言う意味ではダントツです。
  • TDP65W
    これに関してはINTELがQ9550S,Q9400S,Q8200SとTDP65WのQuad Coreが出てくるので唯一のQuad Core CPUじゃなくなりますが値段は最安値は維持できるでしょう。
  • Quad Core
    何度も書きますがこの値段でQuad Coreは唯一これだけです。またAMDのマルチコアCPUはINTELのマルチコアCPUと異なりリアルマルチコアCPU構成になっています。そのため、個々のCPU速度を可変することが出来ます。 実際意味があるかわかりませんが・・・・
  • AMD Virtualization (AMD-V)
    INTELのCPUではE8xxxやQ9xxxx以上のCPUじゃないとVirtualizationが使えませんが、AMDの場合、4850eでさえこの機能がEnableになっています。
    実際、使い物になるかどうかは別としてこのCPUでこの機能が実装されているのが一番の売りじゃないか?と私は思っています。

要するに、Windows Server 2008のHyper-VをQuad Coreで構成するのに一番安く作れるCPUということになります。
単体性能さえ気にしなければかなり安くVTが使えるQuad Core環境(最大メモリはM/Bに依存しますが8GB+にはできるはずです)が作れてさらに省電力とサーバ用途で使うには最適な構成と思うのは私だけでしょうか?w

やっと落着いたか? PC編(何度目だろう?)

やっとこさ あゆちん4号がWindows Home Serverで落着いた(落着いたって書いたは何回目だ?)ということで、やっとPC部屋にある環境が落着いてきたように思えています。

そんなことを半年以上やっているうちに世の中は進んでいるようで、CPU系ではQ9650,Q9550などのQuad系が価格改定されてQ9650のお買い得感が満載していること。
E8700(3.5GHz)が出るらしいといううわさが出てきて、これが出るタイミングでCore 2 Duo系の価格改定が入ってE8600が手ごろな値段に下がってくると思われること。

AMDのPhenomIIに価格改定が入って手に入れやすくなったこと。

などが気になっています。もちろん Core i7も気になっていますがまだ気が早いかな?ということで見送り中ということで、今気になっているのはCPU周りかなぁ?

それ以外のパーツというか環境はCFやSLIが気になるところですが、FF11ではまったく不要というか効果が出ないことがわかっているのでこれも保留(いつでも構成できる環境は用意しておきたいですが)

ビデオカード関連では、すでにRADEON系は主要なチップは用意している(HD4870,HD4850,HD4670, HD4550)のでとりあえず今のところそれ以上必要なし (GeForceも一応 リファレンスとして8800GTがあるし・・・)

ディスク関連はSSDが気になるところですが、INTELのSSDが安くなってきたら考えてもいいかなぁ という程度
地デジ関係は、地デジチューナーが手に入ったので無問題(最終的にはPT1を目指しますが)
ブルーレイ関連についてもモニタが対応したことと、先日、LGの型落ちが安く手に入ったので一応無問題。

とりあえず、近々に何か手を入れるようなことはないかなぁ?というところまでやっとたどりついた感じです。
プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。