スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSDの近況

これまでに入手したSSDの近況について少し書きたいと思います。

  • INTEL X25-E(32GB)
    あゆちん2号のシステムディスク(XP)として使っています。
    相変わらず鬼速で初期時からアクセス速度が劇的に落ちている感じではありません。
    たぶん、環境を作ってからほとんど手を入れていないこと(アプリケーションの追加とか)が功を奏していると思います。
    また、SLCなのかINTELなのかわかりませんがプチフリと感じる兆候は一切見られません。

  • OCZ OCZSSD2-1VTX60G (60GB)
    これは偶然いったお店で在庫ありを見つけて衝動的に手に入れたSSDであゆちん1号(Vista)のシステムディスクとして使っています。 ファームをアップデートする前は確かに書き込みの遅さを感じていましたがファームをアップデートしたことで全く気にならなくなり、これも鬼速の部類に入っていると思います。
    また、これも2,3世代目ということでプチフリを感じることはありません。

  • Patriot Warp Series SSD v2(64GB) x 2
    JMICRONベースのMLC SSDで当初プチフリを嫌って2台構成のRAID0で使っていました。
    その後、もったいないので別々のシステムに入れて使っています。
    RAID0環境では、速度も十分でプチフリも気になることはありませんでしたが、書き込みの遅さは多少感じたかな(プチフリ兆候かも)?

    その後、シングル構成で使っているのですがシングルだと総合的に見て最新のHDDと大差ないように感じます。もちろん、ファイルの読み込みは劇的に効果を感じるケースがないとはいいませんが、書き込みについては、????というのが正直なところです。
    値段が手頃だったのが唯一の救いかなぁ・・・・

    ということで、このSSDは、機会があればRAID0構成に組み直して使う予定です。

  • BUFFALO SHD-ES9M32G (32GB)
    これは、EeePC用のSSDでEeePC用としては最速の部類に入るSSDなのかな?
    確かに、元から付いてくる4GB SLCと較べても体感速度はかなりアップしていると思います。
    ただ、プチフリに関しては予想通りというか・・・・特にIEの反応が固まる感じを受けますけど、それでも純正よりもかなり快適になっていると思います。
    プチフリ対策として定番の設定とRAMDISK化したドライブにTEMPファイルを置くようにしたことでそれなりに快適になったと思います。

  • SSD PhotoFast G-Monster 1.8 日立型44ピンIDE PF18Z32GSSDIDE (32GB)
    若松でOCZが売り切れで中身がOCZと同じと言われているこれをThinkPad X40で使っています。
    このSSDのチップはJMICRONではなくSilicon Motion製(SM2233G)とのことで、当初プチフリを感じることはなかったのですが、使い慣れてくるとプチフリらしき症状を感じるようになりました。
    一応プチフリ対策の定番のレジストリ設定とRAMDISK化で対処していますが、残念ながら完全に症状を抑えることができないようです。

    このSSDに関してはこの規格対応を出してくれただけで感謝感激なので、遅さは二の次ってはありますけど・・・

    と、今PhotfastのHPを見たら、G-Monster 1.8 IDE V3ってのが発売されるらしいです。
    64MBのDDRIIキャッシュ搭載とのこと。 これは期待できそうな・・・・・・予感?
    評判がよかったら64GBに買い換えようかなあ


ということで、SSDの注目株はIndilinx製コントローラ採用品とINTEL製品?
(現実的なところで・・・・・)

  • PhotoFast G-Monster 1.8 IDE V3
  • INTEL X25-Mの次期バージョン(価格が下がってきてるので次がもうすぐ出るかも?)
  • A-DATA AS592S (あくまで推測ですがVertex並の性能が激安で手に入るかも? あくまで買えればだが・・・)

というところでしょうか?

スポンサーサイト

CPUクーラーを交換してみた

あゆちん家の中で静音化が一番成功していると思われる あゆちん7号(Test環境)なのですが、CPU温度(Core2 Duo E7200)がリテールのCPUクーラーだと温度が高め(アイドル時 Core Temp読みで50℃ぐらい)なのです。 元々、このE7200は温度が高めに表示されてたのですが、さすがに50℃はまずいだろうってことでお試しでこの前、あゆちん6号から外したANDY + XINRUILIAN RDL1225S-PWM (800rpm - 1700rpm)に交換したところ、-3℃ ぐらい下がって47℃付近をうろうろしてくれるようになりました。

ひとまず、このまま使ってみるつもりです。

ちなみにCPUクーラーを交換してもやっぱり一番静音っぽい事実は変わっていない模様です。

KB963032

本日、Windows Home ServerのWUがありました。
修正内容は、以下

The Windows Home Server console is displayed incorrectly when the screen resolution is lower than 1024 × 768

要するにEeePCとかネットブックでConsoleを表示したとき下が切れちゃうから画面をちっちゃくしましたってことなんだと思う。

Core i7に逝かないわけ

別にCore i7が欲しくないわけではありません。

DDR3メモリも Core i7 920もだいぶ下がってきたし・・・・・
M/Bは相変わらず高いけど・・・・・・

ここで問題なのは、電源とCPUの熱
電源は1000W級を用意しないと安心できないってのは置いといて、一番の問題はCPUの熱処理です。 Core i7の発熱量は半端じゃないらしいので・・・・・・

とにかく、熱 熱 熱 CPUも熱いしビデオも熱い 熱で簡単に落ちるような状況は避けたいですし、高性能なCPUクーラーを使ってCPUを冷せたところで、その熱はなくなるわけじゃなく外へ排出されるだけなので部屋の温暖化問題は無視できません><

また、熱処理次第でどの程度静音化できるかもポイントとなるでしょうけど、現状 Core2 Quad Q9550レベルでできる静音化は、まず無理でしょう・・・・・

もちろん、水冷化すれば温度も騒音もクリアすることができるでしょうけど、やっぱ空冷で逝きたいじゃない? 水冷はメンテナンスが大変だしそもそもこれから夏を迎えるにあたってラジエーターが部屋の中にあったら・・・・ 部屋の温暖化が加速されるわけだ・・・・
まぁ、これは空冷でも言えることなんですけど・・・

そもそも、CPU単体の排熱が激しすぎます。
せめて、TDPが95Wまで下がってくれれば手を出しやすくなるのですが・・・

Core i7 920がTDP95W以下で出てこないかなぁ・・・・

と、Phenom II X4 955 BEのTDP125Wに懲りたあゆちんの独り言でした。

悲しい事実

激安で入手したINTEL DG33TLを使って作ったあゆちん11号が1番静音なのはなぜ・・・・・
一番、お金が掛かってないのに;;;;;
なんかすごく悲しい シクシク

あゆちん11号
OS          Microsoft       Windows 7 RC
CPU         INTEL           Core2 Duo E7200 (2.56GHz) SLAVN
CPUクーラー INTEL           純正
M/B         INTEL           BOXDG33TL
MEMORY      U-MAX           4GB (DDR2-800 CL5 2GB x 2)
VIDEO CARD  GIGABYTE        GV-R455D3-512I (RADEON HD 4550 DDR3 512MB Fanless)
SOUND       ONBOARD
S-ATA0      WESTERN DIGITAL WD1200BEVT-00ZCT0 (2.5" 120GB)
S-ATA1      None
S-ATA2      None
S-ATA3      None
S-ATA5      PIONEER         DVR-215D
S-ATA6      None
Case Fan    AINEX           CY-80S(8cm 1200rpm 11.9dB) (Rear)

Case        3R SYSTEM       K400 180(W) x 423(H) x 438(D)
電源        ANTEC           TPII-480 (480W)

結局のところ、回転するものが少なければ少ないほど静かなわけで・・・・・ 

最近の検索ワード

ここ数ヶ月、DQ45EKやDG41MJ,DG45FCなどのMINI-ITX M/B関連でこのBLOGがヒットしている模様・・・・ この中で使ってる(正確には使っていた) M/BはDG45FCしかないんですけど・・・・・

DQ45EKやDG41MJの情報を得るためにここを見ていただいた方々には申し訳ないです・・・

やっぱ、ここはこの2枚のM/Bを入手してレビューしなければ!!ってこと・・・・・??

あと目立ったものとして、CHERRY軸の関連の検索でヒットしている模様。。。。。
CHERRY軸に関しては最近出た茶軸以外は所有していますが、キーボードに関してはここ1年ぐらい安定していてCHERRYの黒軸とRealForceをメインで使用しています。

って、誰もそんなこと聞いてないか・・・・・

新あゆちん6号のベンチマーク(AMDね)

さて、先日組み上がった新あゆちん6号のベンチマークを軽く流してみてみました。

構成は、
OS    Windows Vista x86
CPU   Phenmom II X4 955 Black Edition
M/B   ASUS M3A78-EM
MEM   DDR2-800 2GB x 2
VIDEO RADEON HD 4850

って感じで参考データとしてCPUをPhenom 9350eにした計測データも記載しておきます。
別枠でCore2 Quadのデータを入れたかったのですがあいにくデータがなかったため記載できませんでした。

ということで、
まずは定番の
3DMARK05
3DMARK06
FFベンチ 3 High
MHF(解像度だけ1920x1200へ変更)
DMC4(解像度だけ1920x1200へ変更)
Superπ 104万桁

                    9350e               955BE(定格)
------------------------------------------------------
3DMARK05            10309               19707
        CPU         11773               21256

3DMARK06             9060               12948
        SM2.0        3118                4996
        SM3.0        4605                5677
        CPU          2686                4437

FF High              4733                6980
MHF                  4403                4440
DMC4 1              110.25              108.37
DMC4 2               93.32               95.83
DMC4 3              126.58              120.63
DMC4 4               77.74               76.81
DMC4 Result         S                   S
SUPER PI 104万桁    39秒                21秒

この結果を見ると、MHFやDMCではCPU性能に関わらず似たような数字となっていることがわかると思います。CPU性能がかなり違うにも関わらず計測データに変化がないということは、単純にビデオカードの性能値としてみたほうがいいようです。

一方、3DMark系は、CPU性能が影響しているようでそれなりの数値差が出ています。
Phenom X4 9350eよりもPhenom II X4 955 Black Edition の数値が高いのは当然です。
(値段も倍以上しますしね・・・)

注意:
これ以降の記載は、あくまで限定されたベンチマークおよび限定された環境下での結果であり、異なる環境やベンチマークの種類によって異なる結果となる場合があります。
ですので、ここで記載した内容について主観での記載であり、参考にしていただくのは問題ありませんが絶対的な指標として判断されるものではございませんので、ご了承ください。



追記にて、細かいデータを計測してみます。



続きを読む

新生あゆちん5号 その3

CPUファンを12cmに変えても温度が下がる訳でもなくあまり変化を感じなかったのでQ6600のリテールクーラーを使ってみることにしました。
Q6600は、45nm世代のCPUよりも発熱が高くCPUクーラーの性能もそれなりに必要になります。
また、Q6600用のリテールクーラーは、CPUと接地しているところが銅になっていて熱伝導効率が良さそうなのです。ファンの高さも45nmよりも高いですがケースに収まらないほどの高さではないため無問題。

ということで、CPUクーラーを手裏剣からQ6600リテールクーラーに交換した結果、ファンノイズは少し大きくなりましたがその代わりCPU温度が安定するようになった(IDOL 40℃ -> 36℃)気がします。 一応の効果は出たと思っていいでしょう。

新生あゆちん5号 その2

前回、新しく組んだZOTAC GeForce9300-ITX WiFi とSST-SG05Bの組み合わせでCPU温度が高めになってしまうことを書きました。
そこで、CPUファンを92mmか120mmのファンに変更してみようってことで120mmのCPUファンに交換してみました。

GeForce9300-ITX+WiFi+with+SST-SG05B_convert_20090521020242.jpg 

見ての通り CPUファンと電源とのスペースはほとんどありませんw

CPUクーラーは、SHURIKENで、CPUファンは12cm PWM
CPUクーラーとファンを固定している金具はANDYに付いてきたものを一時的に利用
この金具は別売で同じものが売っているのでANDY用にそれを手に入れる予定です。

さて、果たして冷却効果は上がっているのか?ww

これを見てふと思ったのですが、もしかして渦巻き型になっている純正ファンのほうが吹き付けられた風が渦巻状に広がるので左右に開いているケースの穴から出てくれるような気が・・・?
Q6600あたりの純正ファンを使うと静かでもっと冷えるかもしれないなぁ・・・

本当はCPUクーラーの向きを前後(ヒートシンクの向き)ではなく左右にすることで吹き付けた風が左右に開いているケースの穴から排気されることでケース内温度を下げたいところなのですが・・・・ 面倒なのでそのままにしてあります・・・

とりあえずはCPU温度はあまり下がっていないような気がしますがCPUファン自体は静かになったような気がします・・・・w

Phenom II X4 955 Black Edition 投入!

Phenom X4 9350eは低電圧で速度もそれなりなので快適は快適だったのですが、巷では、Core i7 920を超える性能とか一部で言われてることがとても気になってしまい投入してしまいました。

先日、書いたとおり M/Bは、BIOSTAR TA790GX XEではPhenom II X4 955 Black EditionをサポートしていないのでASUSのM3A78-EMで使うことにしました。

し、しかし・・・ BIOSが1302のため955 Black Editionが認識せず起動しません。。
あせって、9350eに乗せ変えて最新の1602へBIOS UP後無事認識しました。

また、ついでにお試しでRADEON HD 4850を使うことにしたため、元々の電源 TPII 480Wでは 不安だったのでTPIII 650Wに交換しました。

とりあえず出来上がった構成はこんな感じ

あゆちん6号
OS          Microsoft Windows Vista Ultimate SP1 (x86)
CPU         AMD       Phenom X4 9350e (TDP65W) -> Phenom II X4 955 Black Edition (TDP125W)
CPUクーラー Scythe    ANDY SAMURAI MASTER + Scythe DFS122512L-PWM(12cm)
M/B         BIOSTAR   TA790GX XE -> ASUS M3A78-EM
MEMORY      CFD       4GB (DDR2-800 CL5 2GB x 2)
VIDEO CARD  ONBOARD   -> HIS H485F512P (Radeon HD 4850) (IceQ4)
SOUND       ONBOARD
P-ATA0      BENQ      DW1650
S-ATA0      HITACHI   Deskstar P7K500 HDP725050GLA360 (500GB)
S-ATA1      None
S-ATA2      None
S-ATA3      None
S-ATA4      None
S-ATA4      None
S-ATA5      None
Case        ANTEC     Sonata II
Case Fan    Scythe    D1225C12B3AP-13(12cm角/1150rpm)16dB (Rear)
電源        ANTEC     TPII 480 (480W) -> TPIII 650 (650W)

とりあえず、この状態で動かしてみると、アイドル状態でもCPU温度が高めで50℃を超えています。
ちょっと負荷を掛けると簡単に60℃越え・・・ ケースを開けててもこの状態だったので・・ 窒息ケースだとトップフローが不利なのはわかっていたけど、ここまでとは・・・・

CPUのTDPが上がったことでPCケース内に熱が篭っているのかも?ってことでQ-FANがONの状態で650rpm程度だったファンをQ-FANをOFFにしてさらにリアファンを

紳士 D1225C12B3AP-13 1150rpm -> D1225C12B5AP-15 1850rpmへ変更しさらにCPUファンも三洋電気のF12-PWM(850rpm - 2850rpm) へ変更して、まずはどれだけ冷えるのか確認することにしました。

計測ツールはPrime95をデフォルトで30分稼動した中でのピーク温度を調べます。
CPUのクロックは3200MHz固定
室内温度 28℃
CPU温度 (AMD Over Drive読み)

最大 55℃ -> IDOL 36℃ (3200MHz 1.35V)

次にCPUファンを紳士 D1225C12B3AP-13 1150rpmへ変更
最大 58℃ ー> IDOL 38℃ (3200MHz 1.35V) -> 32℃(800MHz 0.975V)

という結果になりました。

どうもCPUクーラーやCPUファンの性能よりも排気が弱かったためにPCケース内に熱が篭ってCPU温度が上がり続けるような状態になっていた模様です。

また、今回使用しているケースは巷で言うところの窒息ケースのためトップフロータイプのCPUクーラーでは冷えにくいという欠点があるため、CPUクーラーをANDYから忍者 弐に変更して同様に計測してみました。

CPUファンは紳士 D1225C12B3AP-13 1150rpm
最大 55℃ -> IDOL 39℃(3200MHz 1.35V) -> 31℃(800MHz 0.975V)

という感じになりました。

んー 今回 CPU温度が高かった理由はCPUクーラーの性能以前に窒息ケースによる熱の篭りが原因だったようです。
PCケースがNine HundredやThree Hundred系の冷却重視ケースなら熱の篭りも少ないのとトップファンがあるのでトップフロータイプのCPUクーラーでもそれなりに性能が出ていた(冷えてた)と予想されます。

INTELのCore2系はQuadと言えどもTDP95Wでしかも発熱が少ないCPUなのでここまで気を使うことはないと思いますが、 今回の955BEはTDP125Wで本当にそれくらい電力を食っていると思われるため定格の3200MHzでもかなりの熱を出していたと思われます。

ということで、窒息ケースを使う場合トップフロータイプよりもサイドフロータイプのCPUクーラーのほうが効果で出やすくまた、PCケース内の排気を少し強めにすることでなんとか使えそうな結果となりました。

でも、このままではうるさいので
CPUクーラーは忍者 弐
CPUファンは、Scythe DFS122512L-PWM(12cm)へ
リアファンは排気を強めにしたいのとQ-FANをEnableにするのでそれを見越して
紳士 D1225C12B3AP-13 1150rpmをQ-FAN制御ではなく12V直結にして全開

という感じで動かしてみようということで現在の構成は、

あゆちん6号
OS          Microsoft Windows Vista Ultimate SP1 (x86)
CPU         AMD       Phenom II X4 955 Black Edition (TDP125W)
CPUクーラー Scythe    忍者・弐 + Scythe DFS122512L-PWM(12cm)
M/B         ASUS      M3A78-EM
MEMORY      CFD       4GB (DDR2-800 CL5 2GB x 2)
VIDEO CARD  ONBOARD
SOUND       ONBOARD
P-ATA0      BENQ      DW1650
S-ATA0      HITACHI   Deskstar P7K500 HDP725050GLA360 (500GB)
S-ATA1      None
S-ATA2      None
S-ATA3      None
S-ATA4      None
S-ATA4      None
S-ATA5      None
Case        ANTEC     Sonata II
Case Fan    Scythe    D1225C12B3AP-13(12cm角/1150rpm)16dB (Rear)
電源        ANTEC     TPIII 650 (650W)

TDP125W

TDP125Wは・・・・・ 熱い!!
詳細は後ほど・・・・

BIOSTAR TA790GX XE with PhenomII X4 955BE

BIOSTARのTA790GX XEでは、BIOSのアップデートがないため PhenomII X4 940BEまでしか対応していない模様
このM/BにPhenomII X4 955BEを入れても正しい設定にならないらしい情報を入手。。。。。

ASUS M3A78-EMでは 955BEが動くのかな?

M-AUDIO Audiophile 2496

数年前に手に入れたオーディオカードなのですが
Vista用のドライバがずっと出てこなくてここ何年か使ってませんでした。

つい先日、M-AUDIOのHPへたまたま行ってドライバを見たら、Audiophile 2496Vista X64用ドライバがあるではないですか!!

おーーーー! ってことで、早速箱にしまってあったAudiophile 2496をPCIに刺してドライバをインストールしました。

久しぶりに聴くAudiophile 2496の音です。
やっぱこのオーディオカードの音はいいですね~ オンボード音源とは一味もふた味も違います。ノイズは無いし音の透明度もオンボード音源とは比較にならないくらい鮮明です。

ちなみにこのオーディオカードを刺したのはWindows 7 64bit環境です。

このドライバのおかげでこの先数年は、Windows 7上で使えるようになります。
まだ、製品は販売されているようなので予備で1枚買っておこうと思います。

追記 11/12
Windows 7にVista用のドライバを突っ込んで鳴るようになったことはなったのですが・・・・・・・
シャットダウン時にSTOPエラーが出るようになりました。。。。。
どうやら、完全対応というわけにはいかない模様
一応、メーカーサイトにはWindows 7への対応は予定されているようなのでそれ待ちって感じみたいです。。。。
仕方ないので、Windows 7環境からVista環境に戻しました><

って、今USサイトを見たら Public βがリリースされていた模様wwwww
http://forums.m-audio.com/announcement.php?f=36

早速、明日試してみようと思います。

XPをリストアするときの注意点

Windows Home Serverでバックアップしたクライアントをリストアする際、Windows Home Serverに付属のリストアCDを使ってクライアントをリストアしますが、その際、リストア先のフォーマットに注意する必要があるようです。(私の環境だけかもしれませんが)

XPをリストアする際、リストアするディスクにVistaなどXP以外のOSがインストールされていた状態で、リストアした場合や、リストアCDでフォーマットをするとリストア完了後、ブートできないことがありました。

理由は分かりませんが、たぶん、同じNTFSでもOS間で若干異なるのではないかと推測しています。

なので、他のOSが入っていたディスクにXPをリストアする場合、まずXPのインストールCDからシステムを起動して、パーティーションの解放 -> 確保 -> フォーマットをしてからリストアCDでXPをリストアするようにしています。

ThinkPad X40 約1カ月経過

ThinkPad X40を手に入れてから約1カ月経ちました。
つい先日、Windows 7のRC版がリリースされたので早速手に入れて、ThinkPad X40にインストールしてみましたが、見事に撃沈 動くことは動くのですが完全とは言い切れず、ビデオカードのドライバさえ対応しているものがあれば・・・ 完璧そうに見えるのですが・・・

仕方ないのでXPに戻しました><

INTELさん! Windows 7に対応したThinkPad X40用のビデオドライバー 出して!! 

Wake on Lan

WHS1号機にAdd-in Lights Outをインストールしてテストしているのですが、電源断からのWake on Lanがうまくいかない。。。。
INTEL D945GCLFで動かしているのですが、オンボード(蟹)だとたぶんうまく行くのですが、PCIに付けたINTEL NICからだとBIOS設定でPCIからのWakeとか設定が見当たらないため、ダメっぽい?

んーー がんばってみたけどダメだぁ
マルチホームにして蟹からWakeすることは確認できたのですが、Lights Outのクライアントで持ってるMACアドレスが、INTEL NICを指していているために、蟹からWakeできないんです。

無理やりレジストリを変更してやれば、蟹でWakeするのですがその後、INTEL NICのMACアドレスを上書きしてしまうので、打つ手なし・・・・

INTEL NICにこだわらずに素直にギガネット対応の蟹が付いている D945GCLF2にすればいいのか・・・?

あぁーーー 今 D945GCLF2は1万円以下だから・・・ INTEL NIC + D945GCLF(下取り) + αで交換できたのかも;;

INTEL M/Bっていいもの?

GW特価で手に入れた INTEL DG33TL
激安で手に入れたせいか、このM/Bには何も期待していなかったのですが思わぬところでこのM/Bのすごさを実感してしまいました。

このM/B、前にも書きましたが特徴らしい特徴は特になく、ICH9RでRAIDが組めることと、INTEL NIC(Jumbo Frame未対応)というぐらいなのですが、それが逆に利点になってシンプルな分素直なM/Bだなぁと思っています。

でもね、オンボードに載っているINTEL NIC何気に速いです・・・ 手持ちのPCの中で最速の部類に入っています。

INTEL NICって・・・・?w あー DVI出力が壊れたDG45FCもINTEL NICだ!
復活させるかー?w

って、INTEL M/BってDG45FCのCPUファン爆音問題があってあまりいい印象がなかったのですが、定格で使う分には、P35までのINTEL M/Bって何気に優秀なのかしら? (INTEL NICが載ってるだけっていう話もありますけどw)

詳細は、続きへ・・・・・

続きを読む

INTEL NIC

先日、秋葉原でINTEL NICを2枚買ってきました。
1枚は、PCI-E用のINTEL Gigabit CT Desktop Adapter (EXPI9301CT)
もう一枚は、PCI用のINTEL PRO/1000 GT Desktop Adapter (PWLA8391GT)

PCI-E用のCTは、ファイルサーバ用
PCI用のGTは、WHS1号機(D945GCLF)用

WHS1号機は蟹の100Mだったので1G化はかなりの効果が出ました。
ファイルサーバ用には、もともと、蟹の1G NICがあったのですが少しは速くなるかと?期待して投入です。

CTのほうはなぜかINTEL NIC同士だとかなり速く DiskMark 100Mで90MB/sぐらい出て、Marvellだと65MB/sぐらいでした。

値段は高いですが取り合えずの効果はあったようです。

新生あゆちん5号 その1

SILVER STONE SST-SG05BにZOTAC GeForce9300-ITX WiFiを組んでみました。
構成はこんな感じ

OS           Microsoft   Windows Vista Ultimate SP1 (x86)
CPU          INTEL       Xeon E3120 (3.16GHz)
CPUクーラー  Scythe      SHURIKEN(手裏剣) 10cm 650 - 2000rpm (PWM)
M/B          ZOTAC       GeForce 9300-ITX WiFi
MEMORY       U-MAX       4GB (DDR2-800 CL5 2GB x 2)
VIDEO CARD   ONBOARD     GeForce 9300
SOUND        ONBOARD
S-ATA0       Patriot     Warp Series SSD v2 PE64GS25SSDR (64GB)
S-ATA1       WESTERN     DIGITAL WD Caviar SE16 WD6400AAKS-00A7B0 (640GB)
Case Fan     Scythe      S-FLEX SFF21D 800rpm 8.7dBA
Case         SilverStone SST-SG05B
電源         SilverStone SST-SG05B (付属 300W)


組み込み等、特に問題なくあっさり完成
CPUクーラーの高さも事前に調べていた通り余裕でした。

動作も特に問題なくDG45FC環境で構築したOSもあっさり認識してnForce関連のドライバを後からインストールすることで再インストールすることなく使えました。

1つ気になるのは、CPU温度
たぶんPCケースのせいだと思うんだけど思ったよりもCPU温度が高いような気がします。
BIOSは、N0410WZT.BIN(最新)にアップデートした状態。

設定をいろいろさわっているんだけど動きがよくわからん。
とりあえず、BIOSの設定で
CPU SmartFan Control -> Enable
SmartFan Temperature -> 65°
に設定しています。

この状態でPrime95を動かす(室内温度 25℃ 30分稼働)と
Core Temp読みで大体 60℃(2Core共)
NVIDIAのシステムモニター読みで 64℃(2Core共)

という感じで、CPUファンの回転数は確認できませんが音からして最大で回っている模様
Prime95を止めると数秒でCore Temp読みで45℃ぐらいまで落ちてCPUファンも静かになって(回転数は不明)くるので、CPUファンは正しく制御はされている模様です。

もう少し静かにしたい気持ちもあるので、CPUファンの換装ができるか調べたところ、
サイズのHPに

※12mm厚10cmファンは90/92mm角ファンと同じ穴位置で取り付け
  可能です。
※市販の90/92mm(リブ無しタイプのみ)ファンへの換装が可能
  です。

と書いてあったので、ファンの換装はできそうです。

標準のCPUファンスペックは
650±200rpm ~ 2200rpm±10% 10.5dBA~31.67dBA / 11.81CFM~31.91CFM
で、厚さは、12mm

該当する物は、PWMタイプじゃないと基本ダメなので

サイズのこれらの厚さは、25mmで標準よりも13mm+
GELID Silent9 PWM(92mm) 900~2000rpm±10% 11.0~23.5dBA / 最大37.89CFM
DFS922512M-PWM(9cm) 0(+200)~2500rpm±10% 0.00~31.07dBA / 0.00~55.55CFM

ぱっと見 25mm厚のファンでもぎりぎり入りそうな感じ
まずは、手持ちの25mm厚のファンがあるのでそれを乗っけて確認してみようと思います。

INTEL BOXDG33TLでBlu-rayを再生してみる

先日、テスト用で組んだ INTEL DG33TLでDVD-Videoなどメディア系の再生を試してみました。
再生ソフトは、Power DVD9 UltraでOSはWindows 7 RC版

まずは、DVD-Video -> 問題なく動作しました。
次に、Blu-ray -> ビデオカードが対応していない(エラーコード 0012)が出て再生できません。
ERROR_Blu_ray.jpg

CyberLinkのHPを見る限り、G33は対応していると書いているのですが・・・・

仕方がないので、Windows 7 RC版から Vistaに入れ替えて同様に試してみたところ、Windows 7 RC版と同様にBlu-rayを再生することができませんでした。
もちろん、G33のビデオドライバは15.12.4.1666で最新版です。

んーーー 困ったなぁ・・・・ ビデオドライバが悪いような気がするんだけど・・・
ということで、切り分けのために手持ちの RADEON HD2400Proを刺して試してみることにしました。

その結果、全く問題なく再生できるようになりました・・・・・w
ハードウェア支援が効いてるのでしょう。 CPU使用率は、8% - 15%とかなり軽い状態です。

やっぱり G33 (GMA3100)用のビデオドライバがおかしいのかなぁ??

テスト環境なのでBlu-rayが再生できなくても問題ないんですけどね・・・・

INTEL BOXDG33TL

テスト環境用に一世代前のM/Bを使って1台作りました。
当初は、手持ちのM/B ASUS M3A78-EMとPhenom II X3 720BEあたりを使って作るつもりだったのですが、激安?でG33ベースのM/BとXeon E3120を入手することができたのでINTELベースにすることにしたのでした。

手に入れたM/Bは INTEL BOXDG33TL

で、あゆちん5号からM/B(DG45FC)とSDD,HDDを抜いて代わりに、DG33TLと2.5インチのHDD 120GB(WHS1号で認識しなくなったHDD)を使うことにしました。
(あゆちん5号で外したHDDなどは別環境で使います。)

で、とりあえず、Vistaを入れて使ってみての感想です。

・オンボードビデオがG33と一世代前の環境ですが、DVI出力があるためモニタとの親和性は○
・NICがINTEL NICなので信頼性あり?
・ICH9RでS-ATAが6ポートあるのでサーバ用途でも快適? (IDEもあるしw)
・DG45FCで発生していたCPUファン爆音問題も今のところなし
・メモリスロットが4スロットある。

と思った以上に定格で使う分には使いやすいM/Bだと思います。

ビデオ性能はオンボードでプアはプアですけど、PCI-E x16が1本あるのでビデオカードを別途使えるため問題なしです。

一世代前とはいえ、値段(\3,980)の割には満足度の高いM/Bだったと思います。

追記 Windows 7 RC版について

続きを読む

INTEL Xeon E3120

あゆちん5号で使っていたCore2 Duo E7200がテストPC用になってしまったため、あゆちん5号用のCPUを別途入手することにしました。

基本、定格で使うつもりなので新品にこだわらず中古品も視野に入れて探すことにしました。
選定基準は、将来性を考えてEM64TとVTに対応していること。

で、何件か回ってみたところ、
E8600 \20,000
E8200 \13,800 <- これはレア品かも?
E8500 \15,800
E6600 \10,800
E6400 \ 9,780
と、適当にみただけでもこんな感じ E8400は見あたりませんでした。

さて、どれにするか? 最速を目指すならE8600に決定なのですが値段がちと高いのでパス
E8200はレア品?なのでちと興味がありましたが、E8400が中古であったら、\14,800ぐらいだろうから妥当と言えば妥当な値段だけど、\1,000のためにE8200を選ぶのもどうかと思いましたが、いいのが見つからなかったらこれにしようと思っていました。

で、最後に行ったお店でもE8200はありませんでしたが、大体主要なCPUは上で書いたような値段でした。っで、よーく見ると何やら珍しいCPUを発見
E3120.jpg
それが、Xeon E3120でした。 CPU本体のみの販売で値段は\13,800
一方、Core2 Duo E8500はCPUクーラー付きで \15,800
E8400の在庫があったらたぶん、\13,800か\14,800ぐらい

Xeon E3120は、Core2 DuoのE8500と同等品でほとんどのM/Bで対応可能(BIOSアップデートが必要)ということでお買い得感あり?

ということで、少し悩みましたがXeon E3120の中古を入手することにしました。
E8200と同じ値段(中古)でE8500相当品が手に入るのはお買い得感ありかしら?

GWのお買い物

先日、SILVER STONE SST-SG05B環境を整えるために秋葉原でお買い物をしてきました。
今回入手したパーツは、

INTEL Xeon E3120 SLB9D E0 (中古)
U-MAX DDR2-800 2GB x 2 (中古)
ZOTAC GeForce 9300-ITX WiFi
INTEL BOXDG33TL

後、ANDYやDVIケーブル、S-ATAケーブルなど小物を少々

ということで、個別に少し感想などを書いてみようと思います。

HDDが消えた

INTELのDG945GLFで動かしているWHS1号機のブートHDDが突然認識しなくなりました。
HDDはWDのWD1200BEVT-00ZCT0 という2.5インチの120GBを使っているのですがBIOSでHDDが認識されなくなっているのです。
別のPCでこのHDDを繋げてみても特に問題はなし。
CHKDSKも動かしましたがエラーなし。
なんだろう??

もしかしたら、M/Bがおかしいのかもしれませんが・・・ とりあえず、手持ちで余ってた古い3.5インチの160GB HDDを繋げて再インストールすることにしました。

M/BかHDDが熱でおかしくなっちゃったのかなぁ・・・・?

Windows 7 RC版

本日、MSDNからWindows 7のRC版がダウンロードできるようになりました。
後、Windows 7の影に隠れてVista SP2、WS08 SP2の開発が終了したそうです。。。。
なんだかかわいそうなVista・・・・・

さてさて、Windows 7はWindows 95の再来となるか? 出荷されるのが楽しみです^^

あ~そういえば、WHSのPP2もリリースされましたね。
PP2はすでにUS版で使っているので新鮮味なし。

Media Center対応が目玉っぽいですが今のところ使う予定がないので・・・・・
後はリモートアクセスのところか・・・・ ポートフォワードして使ってるのであまり関係ないかな?w
プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。