スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Van Halen The Full Bug

Diver Downの11曲目 ピッキングハーモニクス めちゃかっこいい・・・・・
弾けるようになりたいなぁ・・

Van Halenは、賛否両論はあると思いますが・・・・
Diver downとFair Warningが好きです・・・・

Diver DownDiver Down
(1990/10/25)
Van Halen

商品詳細を見る


Fair WarningFair Warning
(2002/09/04)
Van Halen

商品詳細を見る


今ってこんなことができるのねぇ 知らなかったw
スポンサーサイト

Loslessの意義

2年半ほど前、iPod touchの32GBを手に入れたとき、私のLosless事情についてここで書きました。
この当時というか、つい最近までこの理屈はある程度当てはまると思います。
でも、最近になってiPodから出力されるデジタル信号を直接読み取ってDA変換して出力できるCDプレーヤーやカーオーディオが出てきました。

先日、カーオーディオのところでも書きましたが、これって要するにLosless保存されたiPodを使えばCDクオリティが保障されるってことなので、iPodがCDジュークボックス化するわけです。

そうなると話が変わってきます。

今後、これらのデバイスでiPodを再生するなら音源をLosless化する意義が出てきます。
Losless化することでのデメリットは、保存できる曲数が激減すること。
(バッテリーで動かすなら稼働時間が短くなるでしょう)

これに関しては、Classicの160GBを用意すればほぼ解決出来るでしょう。
Classic以外だと、容量の関係で入れておく曲を選ぶ必要がでてきますが手間さえ惜しまなければ、容量の少ないiPodでも可能だと思います。

ということで、最近は、iTunesにCDインポートするフォーマットをLoslessに変更しました。

5th iPod nano

4th_ipod_nano.jpg
4th iPod nano

5th_ipod_nano_01.jpg
5th_ipod_nano_02.jpg
5th iPod nano

5th iPod nanoで追加された機能

  • FMラジオ
    なくてもまったく不便じゃないけど、あればあれで使いどころがどこかにあるかも?
  • ビデオ録画
    これ要らない
  • VoiceOver
    元々、液晶が付いていないiPod shuffleの機能なんだけど、本体をかばんの中に入れているような時、ボタンひとつで今の曲とか音声で教えてくれるのは便利 ただ、Earphones with Remoteが付いたヘッドホンを使わないとリモートからはできないけど・・・・
  • スピーカー
    これはあったほうがいい。ちょっと曲を聴いたり確認したりするのに便利
  • Earphones with Remote 対応
    iPod shuffleから始まった?要するにリモコンなんだけどこれが付いているヘッドホンを使うとiPod Shuffleと同じ操作をすることが出来る。
    ボリューム調整、次の曲、1個前の曲、プレイリスト選択、VoiceOver って感じかな?
    基本、これを使うとヘッドホンを選べなくなります(厳密には選べます詳細はiPod shuffleのところで書きました)が、操作性を優先するならこれ対応のヘッドホンもありかな?と思います。
    以前、ここで書いた Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic なら値段も手ごろで音質も悪くないので・・・・

興味というか、5th iPod nanoを選ぶメリットは私は上の5つかなぁ?
あーあと、5th iPodから始まったデジタル出力デバイスで使えるのがいいなぁ

P.S
実は、5th iPod nanoの発表4日前に、家族が使ってた iPod miniが壊れたので代替品に 4th iPod nanoを買ったんですよねぇ・・・・・ 発表当日、唖然としました・・・・ ちょー涙目になりましたよ><
機能追加よりも値段が・・・・・ 同じ容量で4thは、\23,8000 5thは、\17,800 で\5,000の差はショックだったです。。。。 (ノД`)シクシク

カーオーディオ

久しぶりに、GT-Rの話を書こうと思います。
と言っても、純正のカーオーディオの調子が悪いのでどうしたものか?という話なのですが・・・・

過去に似たような記事を書いたことを発見・・・・


まず、現状はどうなっているか?
純正のままなのでCDはありません。 iPodはカセット経由で音出ししています。
まぁ、聴ければいいんだけなんで、基本この程度です。

さて、カーオーディオを入れ替えようとちと調べてみると・・・・ 驚きの事実が発覚しました。
最近、iPodからデジタル出力させたデータをCDプレーヤーとかでDA変換してくれるやつがあるのは知っていたのですが、カーオーディオの世界も今はそうなってるんですね・・・・
驚きです。理論上、iPodにLoslessでコピーした音源はCDと同じクオリティで再生できるってことです。
しかも、ヘッドユニットがそんなに高くない。
調べてて気に入ったのが

KENWOODのI-K70

詳細は、カタログを見ていただくとして、とにかくiPodをデジタル入力で処理して操作もヘッドユニット上からフルコントールできてしかも、タイトルとか日本語表示できる。

CDも1枚差しだけど付いてるしで 値段も定価が\29,400 かなり安いwwww

ということで、これをベースにカーオーディオのリプレースを妄想してみることにする。

構成は、こんな感じ?

元々、4スピーカー構成だけどフロント2スピーカーでも無問題なので、無理に4スピーカーにこだわるつもりはなしです。4スピーカー構成にするとリアスピーカーの元配線が使えないらしいのでスピーカーケーブルを張替える必要ありらしい。

ということで、無理に4スピーカーにする必要ないのでフロント2スピーカー構成にしよう。
となると、大体 \70,000ぐらいで仕上がるかな?できればフロントスピーカーの配線は張り替えたいんだけどなぁ・・・・・ 

低音域について考える

数年前までは、電車通勤をしていたのでiPodなどのポータブルプレーヤーを持ち出して音楽を聴くのが日常でした。その後、電車通勤ではなく車で通勤するようになったため、ヘッドホンを使う機会がめっきり減りました。
それがきっかけでヘッドホンへの興味が薄れてしまったのと当時、カナル式のヘッドホンが少なかったおかげで目ぼしいところは押さえたつもりでいました。
ということで、ここ数年、ヘッドホンの世界から遠ざかっていました。

と前置きはさておき

何が言いたいかって言うと、自宅では低音域の強さが気になるヘッドホンでも外で使うとバランスいいかも?ってことなのです。

一般的に、いくら遮音性の高いヘッドホンでも外で使うと特に低音域(基本的に全域だと思いますが)がスポイルされると思います。(あくまで一般的にです)

例えば、SE530やSE115、MDR-EX500SLなどは、静かなところで聴くと低音域が強調されて聞えると思います。その強調が外で聴いたとき、外のノイズでスポイルされる低音域を補完しているのではないかと・・・

また、元々、iPodに代表されるDAPと呼ばれるポータブルプレーヤーは基本的に外に持ち出して使うことを想定されているものだし、それに使うヘッドホン、特にカナル式と呼ばれるものはある程度外で使われることを想定しているのではと・・・・・ すなわち、音域などのバランスは外使用が前提?
(ER-4Sなんかはちょーと違う気がするけどw)

実際、私は低音域が強調されているSE530,SE115,MDR-EX500SLを外で使ったことがないので実際の感じはわからないのですが、、これらのヘッドホンって外(例えば、電車やバス?)で聴くとバランスのいいヘッドホンに化けるのでは? と想像しています。

逆にSE310やe-Q7など静かな場所で聴くとフラットに思えるものは、外だと低音域が潰されて中高域だけが残ってしまうような気がします。(電車通勤時に使ってたSHURE E3cはそう感じていました)

なので・・・・

遮音性が高い = 外部の影響が少ない = どこで聴いても印象は変わらない
(これ、私が勝手に定義しただけですので・・・)

と定義するのは、ありだとは思いますが、実測値ではないので信じきるのもどうかと思ったりします・・・・

実は、これを書きたくなったきっかけがImage X10 で、これをお店の中で試聴した時と家の中で聴いた時とでは、低音域での印象が異っていたからなのです。(試聴時にちゃんと装着できなかったのかもしれませんが)
具体的には、お店では気にならなかった低音域が家の中では気になった ってことなんですけどね・・・

要するに、静かな環境下での印象と外で使った時の印象が必ずしもイコールにならないってことなのです。
なので、お店できちんと試聴するのって外で使うことを前提にした時、コンディションとしては悪くない? と思います。

んー なんかうまくまとまらないんだけど・・・・・
最後に、言いたいというか思ったことを箇条書きにしておこう・・・・・

  • 静か環境と外の環境では同じヘッドホン、同じ音源でも印象が異なることがある。
  • お店で試聴した時、低音域が目立つような場合、家の中で使うともっとすごいことに・・・なるかも?
  • ヘッドホンを選ぶ時は、メインはどこで使うかを想定すること。 
    (趣味でいろんな音を楽しみたい場合は除きますけどw)

と最後は、ヘッドホン選びみたいな話になっちゃったな・・・・・

ヘッドホン選び(試聴)として、前に書いたかもしれないけど・・・ 複数のヘッドホンを試聴する時

  • 買う買わないは別にして、値段の高い方から試聴する
    SHUREなら SE530 -> SE420-> SE310 -> SE210 -> SE115 って感じ?
    同シリーズのヘッドホンなら高いほうが基本的に性能(何を性能というかは置いておいて・・)がいいに決まっているので、下に行けば行くほど、上位機種のいいところが見えてくるような気がします。
    逆に、安い順で聴くとどんどん性能があがってきてその差が上位機種になればなるほど差が見えなくなってくるので、わけのわからないことに・・・・ (私はそうなりました・・・・・)
  • メーカーによって音作りのコンセプトが異なるので、一概に何が1番って言うことはできません。
    ある人は、5万円のヘッドホンが気に入るだろうし、5万円のヘッドホンよりも1万円のヘッドホンのほう好きって人もいるでしょう。
    結局は、その人の感性や好みに左右されるのが一番大きいので値段の有無に関わらず納得いくまでいろんな種類、タイプ、メーカーのヘッドホンを聴いて決めるのがいいと思います。

    つか、これってアナログの世界では当たり前の話ですよね。。。。。。
    アナログってデジタルと違って1+1=2になることってまずないですから・・・

Klipsch Image X10 (2009/09/20入手済)

おかしいなぁ 10Proを入手するつもりが・・・・
なぜか、持ち帰ったのは、こちら・・・・

Klipsch Image X10

Klipsch Image X10

2009/09/20入手済

 

試聴したら、気に入ってしまって・・・・・
10Proも試聴したんですけどねぇ・・・・・

音出し一発目から使うにしたがって変貌しているImage X10 

 

 

レビューは続きで

 

 

続きを読む

ヘッドホンの保管方法

人間の耳は残念ながら2つしかありません。
ヘッドホンは、基本左右1個つづ1セットとなっています。
ということで、同時に複数のヘッドホンを使うことが出来ないというわけです。

なので、使わないヘッドホンはどこかに保管しておくわけですが・・・
保管方法として、元箱に入れておくのが衛生上一番いいと言いたいところですが、大抵のカナル式ヘッドホンではポーチとか保管用のケースが付属しているので、それに入れて保管している人もいると思います。

大抵の付属ケースは、ヘッドホンをケース内に入れる時、ケーブルを巻きつけるタイプが多いと思います。短期間で 使うー>しまう って感じならあまり影響ないかも知れませんが、長期間その中に入れておくとケーブルに負担が掛かって断線する危険を感じるので、私は、基本使っていません。

なので、普段、カナル式のヘッドホンを持ち歩く時は、付属のケースに入れたり、何かに巻きつけることをせず、カバンの中へ無造作に放り込みます。
そのほうがケーブルが自然な状態になっていて負担が掛からないと思っているからです。

では、持ち歩かないヘッドホンはどうしているか?

私の場合、ヘッドホン用のダンボール(箱)を用意していて、その箱の中に元箱をパズルのように組み合わせて入れてあります。 肝心のヘッドホンは、それぞれの箱の中に戻さず、無造作に箱と箱の隙間に放り込みます。
もちろん、長期間使わないものは元箱に入れておきますが・・・・

おかけでいっぱいあると、それぞれのケーブルが絡まってスパゲッティ状態になるのが難点ですがww
でも、付属のケースに入れて保管しておくよりもケーブル的にやさしいと思います。
(まぁ使うとき、解くのが面倒ですが・・・)

見た目、ダンボールの中は、ケーブルの山みたいな感じに見えますし、整理整頓されていない状態ですが、先に説明した通り、できる限り自然体で保管しておきたいのでこのような方法を使っています。
おかげでってわけじゃないけど、私の手持ちのカナル式ヘッドホンで今のところ断線経験はありません。

でも、最近、使いたいヘッドホンが多数に渡っているためよく使うものは、試しにiPodソックスに入れています。 ケーブル的には負担は掛かりますが、付属のケースでグルグル巻きにするよりいいかな?と思ってたり・・・
iPodソックス

Meier-Audio Porta Corda II

何年前だろう? 第一期ヘッドホン熱が発病した時、電車通勤をしていて4th iPodを手に入れました。その後、その音に飽足りず、ポータブルCDプレーヤー + ポータブルヘッドホンアンプを使ってSHUREのE5cとかSENNHEISER HD25をドライブするのに使っていました。

と当時、手に入れたポータブルヘッドホンアンプがこれ
Porta Corda II
Porta Corda II


当時、手ごろなポータブルヘッドホンアンプがなくて厚木にお店があるエアリーから Porta Corda II ACアダプタ付きを入手しました。
このお店では、いくつかヘッドホンを入手したような気がします。

久しぶりにこのヘッドホンアンプを出してみました。
音はiPodのLineから取ってます。
これで聴いてみたヘッドホン(追記あるかも)

  • ER-4S
    ER-4Sの本領発揮って感じかのかな(音量的に?)
    iPod直結より全体的に温かみのある音で高域が尖らない感じで低音域は明らかに前に出てきています。 簡単に言うと聴きやすくなる感じ?

  • e-Q7 
    あれ・・ これダイナミック型だっけ?
    元々、他のバランスド・アーマチュア型よりも低音域が元気な音質だったけど・・・ さらに強調され・・・ すっげかも・・・ ただ、高域がマイルドになってるかなぁ?
    なんか、直結と較べて大げさに言うと別物っぽいwww

  • SE310
    おお? これも低音域が前に出てくる感じ 音のキレは直結のほうがいいかも?

  • E3c
    んー やっぱ直結よりも低音が出てる気がする。 
    ヘッドホンアンプとは直接関係ないけど、やっぱ、SE310よりも解像度が低いなぁ

確か、このアンプで純A級じゃなかったかな?(確信なしw)

当時、いくらだったのかなぁ? 覚えてないなぁ 3万はしなかったような気がするけど・・・・
とりあえず、このヘッドホンアンプも私のお宝かなぁ

PowerDVD 9 Ultra build 2115

Build 2115も音声のノイズ直ってません!
いつ直るんだ!!?w

3段きのこ型 イヤパッド

トリプルフランジ・イヤパッド
これは、SHUREのE3c,E4c,E5cやSE115,SE310などで使えるキノコ型イヤパッドです。
正式名は、トリプルフランジイヤパッドだったかな?

このタイプ、ER-4SやEPIC UNIVERSAL-X/JCなどにも付属していますが、装着というかフィットさせるのがすごく面倒というか慣れないとまず無理!みたいな代物で、装着が悪いと低域はまったく出ないし、高域はめちゃくちゃ痛いしで、最悪な状態になります。。。。
でも、ちゃんと装着できると遮音性はすごいし、低音もしっかり出てくるし何よりこれが本来の音?みたいな感じになるのが好きです。

いろんなところに書いてありますが、この手のイヤパッドを使うとき、低音が足りない、高音が痛いみたいな感じだとちゃんと装着できないことがほとんどだと思います。
ちょっと慣れるまで大変ですが、ちゃんと装着できるようになったほうが幸せになれると思いますので、ぜひ、別のイヤパッドに交換する前にがんばってみてください。

とは、言いながら・・ 装着が面倒なので、最近は、SHUREのソフト・フォーム・イヤパッドが簡単にフィットするのでお気に入りですが・・・wwwww

Apple Earphones with Remote and Mic

これは、iPod shuffleに付属で付いてきたヘッドホンです。
MB770.jpg

iPod shuffleのリモコンは先日書いた通りサードパーティ製が出ていますが、とりあえずそれはさておき、めったに使わない付属のヘッドホン1日使ってみました。

4th iPod shuffle 4GBの値段が\7,800
このヘッドホンの値段が\3,400
ということは、単純計算で \7,800 - \3,400 = \4,400

うむぅ、ヘッドホンなしのリモコンだけでいいから、\6,000ぐらいにしてくれないかなぁ・・・・

レビューは続きにて

 

続きを読む

Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic (2009/09/19入手済)

Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic

MA850_AV5.jpg

2009/09/19入手済

 

\9,400でバランスアーマチュア型ドライバーを採用、しかもシングルではなく2way
価格だけ見るとかなり挑戦的な価格設定

イヤパッドは、Comply Foam Tips T-100が合致

 


iPod shuffleで常用的に使うヘッドホンはこれに決定!!



レビューは続きにて

 

続きを読む

4th iPod shuffle 4GB

最近、お気に入りの音楽を1枚のCDに集めてみた(Losless) みたいな感じで1GBのiPod nanoを使っています。 なぜ、1GBか? それは自分で買ったものではなくいただいたものだからです・・・・
要するに、せっかくあるんだから使おうってことで使い道を考えた結果ってことです。

iPod nanoはどの世代もとにかく軽いので持ち歩きには最高です。 iPod touchもclassicもとにかく重量がありますからねぇ・・・・・

という感じで1GBのiPod nanoを使っていたのですが最近になって不定期に再起動するようになってしまいました。原因はわからないんですが使っててかなりストレス状態になってしまうので、新しい iPod nanoに買い換えようかなぁと思いました。

いっぱい音楽を持ち歩きたいときは、Classicや 4th iPodを使えばいいし、iPod touchにもそれなりに曲が入るので、手軽に使うものとしては、軽くてそれなりの容量で十分なのです。

ということで、今回発売になった iPod shuffleの4GBが値段も手ごろでいいなぁと・・・・
容量が4GBとはいえ、Loslessで入れればCD5枚分ぐらい?しか入りませんが、操作画面をもっていない iPod shuffleの場合、むやみに曲数を増やすと操作性が悪すぎて使いにくいと思うのです。
なので、Loslessで音質を上げて曲数を絞ることで、操作性が悪いiPod Shuffleでも聴きたい音楽を簡単に見つけることができます。

どうしても、曲数を増やしたければ、128KbpsでiPod shuffleに転送すれば楽勝なので無問題です。

ということで、調子の悪いiPod nanoを引退させてちょっと高級な 4GB USBメモリ付きミュージックプレーヤーにしてみました。 お店に色が全色なかったですね~ それなりに売れているのでしょう。
私が欲しかったグリーンは在庫でありましたがブラックとピンクは在庫切れでした。

ということでグリーンをゲット

iPod shuffle G iPod shuffle G1


ついでと言ってはなんですが・・・ 
+simplism Remote Controller for iPod が発売されるまでは、ヘッドホンを選ぶことができなかったのでiPod shuffleはまったく無視していましたが、このリモコンのおかげでヘッドホンを選べるようになったので、iPod nanoにせずにiPod shuffleを選ぶことができました。

remote3_main[1] 

これ、Apple In-ear Headphones with Remote and Mic  や付属品で付いてくるヘッドホンのリモコンから較べるとかなりでかいし、ごついです・・・

機能的にはまったく問題ありませんが、これを使うと音が細くなりますねぇ・・ 若干なので聴きなれてしまうと気にならなくなりますが・・・ 倍の値段を出してもいいから、劣化しないケーブルでこれを作って欲しいなぁ

実際の操作性などについては次の機会で・・・・・

他社のイヤパッドを使ってみた

Etymotic Research ER-4Sに付属のきのこがどうも自分に合わない(どうも、耳穴が大きいらしい><)ってことで、口径がほぼ同じのSHUREのソフトフォームイヤパッドを装着w

ER.jpg

これいいかもーーー 低音が上品に出るようになった~ けど、常用するかは??
右側のヘッドホンにもソフトフォームイヤパッドを装着してみたんだけど・・・・ どっちかっていうとER-4Sに付属のフォームチップ(黒)のほうが気に入ったのでそちらを装着
ちなみに右側のヘッドホンにもSHUREのソフトフォームイヤパッドを装着可能です。

Comply Foam Tips (TX-100-L)をオーダーしたので、これが届いたら再度、試聴する予定

Comply Foam Tips for ortofon e-Q7

ortofon e-Q7に付属のイヤパッドがどうもしっくりしないので Comply Foam Tipsというサードパーティ製のイヤパッドをeイヤホンにオーダーしました。

TX400-L.jpg

サイズは、ここのWebによるとT400/TX400と言うことなのでTX-400-Lをオーダーして本日到着

基本、付属の発泡ウレタンイヤーチップと大差ないと思うのですが、耳垢ガードがあるためか少し高域がスポイルされちゃってるかも? でもあまり気にするレベルじゃないと思います。

予備のイヤパッドとして十分機能するのでヨシとしましょう。

さて、このイヤパッドに交換して聴いてみたのですが・・・ んーー? こんなに低音って出てたっけ?
付属のイヤパッドに変えてもその傾向は変わらず・・・
音が変わったのかな? はじめは、音場の広さ(これって俗に言うリバーブってやつなのかな?)と、中高域の粒が目立って尖った感じだったような気がするのですが・・・・・
それに、プラスされて低音域が少し前よりも出てきたような気がする。
(ダイナミック型には敵いませんが・・・)

よくよく考えてみると、このヘッドホン、ダイナミック型じゃなくてバランスド・アーマチュア型ドライバーなんですよね。 SE310よりも低音域が元気な気がするw

まだ、10時間程度しかドライブしていないのですが・・・ エージング効果? それとも自分の耳がエージングされた?

10ProとEPIC UNIVERSAL-X

やっとこさUltimate Ears TripleFi 10 ProとMicrosonic Music EPIC UNIVERSAL-Xを入手しました。
入手したのはいいんだけど、緊急事態が発生してしまいました。

Microsonic Music EPIC UNIVERSAL-Xの定位がなんかおかしい。
本来、ボーカルが頭のてっぺん辺りで聞えなければいけないのが左にずれてて、音量をあげていくと顕著になってきます。

イヤピースを交換しても変わらず。もちろん装着ミスはありません。

念のため、他の手持ちのヘッドホンで確認したんだけど、センター定位はばっちり出ます。
なので、音源や再生機材の問題ではありません。

ふむぅ 初期不良かねぇ・・・・
これってケーブルが脱着可能なのでケーブルの問題かと思って左右を入れ替えてみたけど・・・やっぱり左にずれるのは変わらず。
ユニットのバランスが悪いってことなのかな?

今までいっぱいヘッドホンを買いましたけど、定位がずれるって初めてだなあ

ヨドバシで買ったのでWebで確認したところ購入後30日以内なら交換、返品が出来そうなので明日、混まないうちにお店に行ってみてもらうことにします。

これは、納得できないな・・・・・

ということで、緊急事態が発生してしまったので、10proとEPIC UNIVERSAL-Xのファーストインプレッションは、落ち着いてから書きたいと思います。

10/03 AM
EPIC UNIVERSAL-X お店で交換してもらいました。
定位がばっちりになりましたwwww

せっかく行ったのでお土産を1つ2つ買ってきました。

なぞ過ぎる スカパー!HD編

先週の日曜日、TVの入れ替えに伴いスカパー!HDの申し込みをしておいたところ、先日、スカパー!HD用のチューナーが届きました。

今回、入手したスカパー!HDチューナーはスカパーブランドでスカパー SP-HR200Hです。
このチューナーには、録画機能が付いていて、DTCP-IPサーバに直接番組を録画することができる優れものなのです。 今回、スカパーのチューナーを入れ替えた理由は、まさにこれです。

ということで、早速、録画を試さねば! ってことで、このチューナーを使っていくつか番組を録画してみました。 目的はDTCP-IPクライアントとの相性・・・・
ちなみにこのチューナーは地デジチューナーも入ってて地デジもDTCP-IPサーバに直接録画することができます。

さて、結果から言うとスカパー!HD経由で録画した番組(地デジも含む)は、PS3やREGZA(REGZAはMP4系をサポートしていないのでMPEG2-TSだけ)やPCで動くDiXM Digital TV for IODATA いずれのDTCP-IPクライアントでも正常に再生することができました・・・・・

んー 私の環境では、REGZA 42Z8000で録画したのだけアウチってことになるんだけど・・・
何がなんだか・・・ よくわからないなぁ・・・・

でもひとまず、地デジ番組がDTCP-IPサーバ経由で正常に再生できるパスを見つけることができたので当面はそれで回避してみようと思います。

なお、IO-DATAからの返事はまだ来ません
 

SHURE E2c

久しぶりにSHUREのE2cを出して聴いています。
e2.jpg
これは、自分的に高級なヘッドホンに手を出したきっかけとなったカナル式のヘッドホンです。
それまでは、SONY MDR-E888などで音楽を聴いていたのですが、これに変えたら世界が変わったのを覚えています。 



現在、E2cを改良?した発展型がSE102でイヤパッドはE2cと共通です。
se102.jpg

さらに、それを改良したのが SE115のようです。
se115.jpg
で、イヤパッドが改良されていて現行のSE310,SE420,E3c等と共通になっています。
ということは、最近お気に入りのソフト・フォーム・イヤパッドが使えるってことです。
これらのヘッドホンは試聴したことがないので実際感じはわかりませんが、E2cのいいところを発展させた音作りなんでしょうね

ちなみにこの2つ(SE102,SE115)は、SE310で採用されているバランスド・アーマチュア型ドライバーではなく、E2cと同じタイプのダイナミック型ドライバーが採用されています。

なので、E3cやSE310とはまったく異なる方式を採用していることで特性や特徴がまったく異なるなので同じ土俵で比較するのはナンセンスだと思っています。
要するにドライバーそれぞれに特徴があるので、結局は好みってことですね

アナログの世界ってそういうところが面白い!

ということで、E2cはE2cでそれで気に入ってるヘッドホンの1つなので、それを発展させたSE115は興味があります。値段も手ごろだし、何かのタイミングで手に入れてみようと思っています。

さて、ヘッドホン熱が復活してきたところで、次いってみよー!

レビューは続きにて

 

続きを読む

REGZA 42Z8000とIO-DATA HVL1-G1.0T

REGZA 42Z8000で録画した番組をダビングするために用意したIO-DATA HVL1-G1.0Tなのですが、先日も書きましたが、ダビング自体は正常に終了するのですが、ダビングした番組をDTCP-IPクライアントで再生すると最後まで再生することができない現象が発生しています。

具体的には、15分番組の場合はじめの5分程度で再生終了って感じです。

IO-DATA HVL1-G1.0Tのコンテンツ操作画面でダビングしたファイルのサイズを見ても特に少ないわけではなく妥当なサイズになっています。

また、この現象は42Z8000からダビングした番組だけで発生している現象で42Z7000で録画した番組をダビングした場合、正常に最後まで再生します。

今日も42Z8000で 15分、30分、60分、120分と4つ番組を録画した後、ダビングしてみたのですがすべて最後まで再生することができません。もちろん、ダビングする元の番組は正常に最後まで再生することができます。

また、ここまでの過程で、LANケーブルの交換、TVに繋げているHUBに接続するなどLAN周りのトラブルシューティングをしてみましたが効果がありませんでした。

試しに、42Z7000で録画した番組をIO-DATA HVL1-G1.0TにダビングしてDTCP-IPクライアントで再生してみると最後まで正常に再生することができます。 

すなわち、42Z7000では正常、42Z8000では異常ってことになります。

以上の切り分けから
この現象は、42Z8000からダビングした時にだけ発生していることからIO-DATA HVL1-G1.0Tの問題というよりも42Z8000がDTCP-IP経由でダビングする時の転送データがおかしくなっているのではないかと想像しています。

一応、IO-DATAには症状を説明したメールを送って問い合わせていますが・・・
私の環境では100%再現するのでIO-DATA側でも現象が再現できることを期待しています。
その結果、42Z8000が悪者になることを期待しています。

後、DTCP-IP経由でダビングできるNASはBUFFALOからも出ているのでこれで試してみたい気持ちもありますが、このNASは、DTCP-IPの互換性に問題あるらしくPS3や他のDTCP-IPクライアントから再生できないことがあるらしいのです。
なので、ちょっと今すぐ使ってしまうと別の問題が出てくる可能性が高いので見送りたい気持ちがつよいです。

最終的に、DTIP-IPサーバはREGZAからのダビングとスカパー!HDの録画サーバとして使う予定なのですが、容量的に無理がありそうなので、最終的には@何台かDTCP-IPサーバを用意することになるでしょう。 そのタイミングでBAFFALOを使うのもありかな?と思ってたり・・・

んもーーー 面倒だからPCでDTCP-IPサーバを動くようにしてくれないかなぁ・・・・
年末ぐらいには、きっとBlu-rayドライブ付きのハードディスクレコーダーが出てくるだろうからこれに乗り換えるのもありかな? 値段はすっげ高いだろうけど・・・ でも、番組をBlu-rayにムーブできるのは魅力かなぁと思ったりして・・

この現象、いろいろなキーワードを使って検索しているのですが同じ問題を抱えてる人を見つけることができていません。

この問題って私の環境だけで発生しているのかなぁ・・・・

Bluetooth環境

最新のiPod touchやiPhoneにはBuletoothが実装されています。
私のiPod touchは1世代目なので付いていませんw

でも、私の携帯電話にはBuletoothが付いています。

ということで、Buletooth環境を試すことにしました。

物は、
iPod用送信ユニットをシグマ bluetribe SBT01R
受信ユニットをLogitec  LBT-AR100C2

して早速試してみたのですが・・・ 音がダメすぎ・・・ 直結とは比較になりません。 まぁ期待するほうが間違っているような気もするけど・・・

取り合えず、携帯電話と繋げる分には悪くないので携帯に入ってる音楽を流す時に使おうと思います。
もしかして、選らんだ機種まちがえた? 本当はもっと別のレシーバを選べばまともに鳴る?w

地デジ環境

先週の木曜日、突然TVがお亡くなりになりました。
壊れたTVは地デジ未対応のブラウン管TV まぁいつ壊れてもおかしくない状態だったのでこれを機会に地デジ環境を整えることにしました。

揃えた物は以下

TVTOSHIBA REGZA 42Z8000
Blu-rayプレーヤーSONY PlayStation 3 CECH-2000A
BDリモートコントローラSONY CECHZR1J
メディアプレーヤーBUFFALO LT-H90DTV
DTCP-IPサーバ(NAS)IO-DATA HVL1-G1.0T
スカパ!ーHDスカパー SP-HR200H
  
  
  
  

という感じでかなり大人買い状態に><
後、既存の機器で ISOをDVD-VIDEOとして再生できる IO-DATAのAV-LS300DWを繋げています。
スカパー!HDは既存のスカパー!の契約変更手続きを取ったところで物はまだ届いていない状態です。

さて、REGZAと言えば、TV録画ですよね。
TV録画用には、500GBのNASと500GBのUSBディスク(自作 2.5インチ)を繋げました。
メインは、USBに録画して予備にNASって感じです。
録画した番組の保存用としてIO-DATAのHVL1-G1.0T DTCP-IP経由でダビングして保存、本来の目的はスカパー!HD用です。 NASで現状対応しているのがこれだったので・・・

とりあえず、現行できることはやったって感じでしょうか・・・・・

ということで、今試験的にいろいろ試しているのですが・・・ 1つ問題が発生しています。
まだ、症状がよくわからないのですが、REGZAで録画した鋼の錬金術師をNASにダビングした後、REGZA上からDTCP-IP経由で再生したのですが、はじめの11分ぐらいまでしか再生できていません。。。。

念のため、PS3やもう1台のREGZA 42Z7000(自分のではありません)でも同じ
クライアントを変えても現象が変わらないので、NASに入っているファイルがおかしいのか、サーバ側(NAS側)の問題だと思うのですが・・・・・

試しに15分程度録画したものを同じようにダビングしたのですが、これは正常に再生できました。

んー 何が悪いんだろう・・・・・

何かわかったら追記します。

追記:
42Z7000で録画した45分番組をダビングして確認したのですが、特に問題なく録画時間いっぱいまで再生できました。。。。

42Z8000で録画した2時間ものも試してみたのですが、1時間半で再生終了><
次に新しく録画した30分ものを流すと・・ 10分で終了><

もしや、残り20分で終了するのか・・・・?

んー 何が悪いんだろう・・・・?

PowerDVD 9 Ultra build 2029

Build 2010から始まった音声のノイズ
2029でも直ってませんでした。 はぁ・・・・

4th iPod バッテリーとHDDを交換

4th iPod 40GBのバッテリーとHDDがお亡くなりになりました。
これの代わりに先日発売になったiPod Classic 160GBに買い換えてもいいのですが、せっかくなのでバッテリーとHDDを交換してみました。

交換したバッテリーは アマゾンで売ってた 750mAhタイプ

友人も同じものを持っていてバッテリーが死んでいるので2個オーダー んで本日到着
早速届いたのでバッテリー交換のため殻割り

殻割り手順は、ここを参考にしました。

4th ipod

んで、バッテリー交換したのはいいのですが・・・・・・ HDDがスピンアップしません・・
まぁ、元々調子悪かったので仕方ないですね。

ということで、殻割り状態のまま、急遽、HDDを探すために秋葉へ・・・・
元々、付いていたHDDは東芝のMK4004GAHなのですが、古すぎて?在庫なし。
唯一、見つけられたのは 同型の60GB (MK6006GAH)で若干カバーの形が異なりましたが、強行することに・・・・

結果はGOOD!

一応、ぐぐってみたかぎり実例はあったので大丈夫だと思ってましたがw

というこで、HDDとバッテリー合わせて\13,000ぐらい掛かってしまいましたが容量が40GB -> 60GBにアップしたのでヨシとしましょうw
これで当分使えそうです。

トリプルフランジ VS ソフトフォームイヤパッド

 SHUREのE3c,E5cのイヤパッドは、いろいろなものを使ってみた結果、一番しっくり来るトリプルフランジ・イヤパッドを使っていました。 黄色いフォーム・イヤパッドも好きだったのですがすぐ汚くなるので><
トリプルフランジ・イヤパッドの装着性は、決してよくないですが位置が決まるとすごくクリアでバランスがいい感じになるので、好んでこれをずっと使い続けていました。

トリプルフランジ・イヤパッド
トリプルフランジ・イヤパッド

フォーム・イヤパッド
フォーム・イヤパッド y

 先日手に入れた SE310もトリプルフランジ・イヤパッドに交換して今日、一日使った結果、クリアはクリアなんだけど、低音が思ったよりも出てこない。

試しに新開発?のフォーム・イヤパッド(黒やつ)(L)に交換して聴いてみると!! あら不思議、低音が出るようになり音の厚みもさらに増えたような感じ。解像度は若干落ちるような気がしますが、高域も耳障りじゃないし、これはいいかも!

ソフトフォームイヤパッド?(黒やつ)
フォーム・イヤパッド n


E3cにもこれ使ってみようーっと! 音の印象変わるかも? 
E3c.jpg 

後、SE310のケーブルが短いので手持ちの延長コードを使って聴いてたんですけど・・・ 線が細くなってしまいました・・・・ なので付属の延長コードを使うことにしました。

続きを読む

SONY MDR-E931

SONY MDR-E931

について少し書きたいと思います。
これを手に入れたのは数年前、値段が安い割りにいい音を出すインナーイヤーヘッドホンという評判でした。 で、実際に聞いてみると解像度(分解能?)はとてもじゃないですけ高級と呼ばれるヘッドフォンと比較になりませんが、このヘッドホンのいいところは解像度とかの鮮明さではなく音のバランスだと思っています。 基本的にフラットな特性で俗にいうドンシャリではないと思います。

そのため、長い時間聴いてても疲れませんし何よりインナータイプのため耳周りがすっきりします。

ということで外出先ではSHURE E3cよりもMDR-E931のほうが使う機会が多くなっています。
(まぁ音は外に漏れますが耳には優しいので・・・)
E3cのイヤパッドがトリプルフランジを使っているので装着がちと面倒なのもありますがw

レビューは続きにて

 

続きを読む

RV-5

RV-5
先日、御茶ノ水へ行った時、中古のRV-5を見つけたのでげとー
(ポイントで買いました><)

エフェクターケースを買わないと・・・ 5つもエフェクターがあると邪魔w

続きを読む

Fender USA CUSTOM SHOP 60 STRATOCASTER NOS FRD

Fender USA CUSTOM SHOP 60 STRATOCASTER NOS FRD

保管方法

自分的、長期間楽器を使わない時の保管方法

・弦やボディについている油や汗を綺麗に拭く
・弦を2~3回転ぐらい緩める
・ハードケースに入れる
・湿度安定剤をケースに入れる
・たまにハードケースを開けて空気の入れ替えをする

・ハードケースを開ける場合には、部屋との温度差を気にしてハードケースをいきなり全開にせず、少しだけ開けて部屋の温度に馴染ませる

それ以外の注意点・・・・・
・ボディをメンテナンスするときは、乾拭きで十分、汚れがひどいときだけポリッシュを使って磨く

レモンオイルについて・・・・
 ローズウッド指板にレモンオイルのつけ過ぎは超禁物>< 回数も年に1回程度で十分
 レモンオイルで汚れが落ちるのを期待しない。
 レモンオイルで汚れが落ちないからと言って、オイルをいっぱい漬けると・・・ 指板にダメージが
 具体的な使い方は、オイルをティッシュに1,2滴垂らして木目に合わせて軽く塗る程度。
 オイル、1,2滴で指板全部拭けると思われ・・・
 

湿度安定剤

ギターなどの楽器は、基本的に木でできているので湿度管理を怠ると楽器にダメージ(カビが生えたり、塗装にヒビが入ったり?)を与えてしまいます。
ハードケースなどに保存している場合には、湿度安定剤と呼ばれる湿度を安定化する乾燥剤みたいなのを使います。
私は、モイスキーパーを使っているのですが・・・ これの置く場所を悩んでいます。
取り合えず、ケース内の湿度が保たれればいいのでハードケース内のポケットの中に入れていますが・・・ ここで本当にいいんだろうか・・・・?

ケースと楽器の隙間に置くのがいいのかなぁとも思うのですが楽器に湿度安定剤が触れるのがなんかイヤなんですよねぇ・・・

ギタースタンドとかを使って部屋に出している時も、一応、湿度は気にする必要がありますので、私は湿度付きの温度計を楽器のそばに置いて湿度を見ていますが・・・ この時期は、湿度が安定しているので、楽器にはいい気候なのかな?

これから冬になって暖房を使い出すと湿度が低くなるので、加湿器があったほうがいいかもしれないですね~

8月の検索ワード

 8月の検索ワード 

私のBLOGで毎月上位を占めるのは、audiodg.exeとDQ45EKでございます><
チェリー軸で見に来てくれてる方も多いようです。
去年からの特徴というか、PC関連ではMini-ITXネタを多く書いているのでそれに関連した検索ワードが多いです。

最近、PC系は落ち着いてしまったのでネタがないんですけどね;;

プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。