スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年版 無線LAN環境 再構築

去年の春に無線LANルーターを交換しましたが、11n/a化を行うためにメインの無線LANルーターをBUFFALO WZR-HP-G300NH -> BUFFALO WZR-HP-AG300Hへ交換しました。

PCから繋げる無線LANを802.11n/gから802.11n/aに変更

11a化に従って、アクセスポイントも11n/aに対応したWLAE-AG300Nへ変更

WZR-HP-AG300Hには、USB HDDを追加して簡易NAS化 REGZAの録画用HDDとして使用

11n/gと11n/g用に別SSDIDを用意して他のアクセスポイントとローミング化

AirMac Expressも11n/g -> 11n/aに変更して3つ目のSSDIDを割り当てて独立

ということで、我が家の無線LAN環境は、11n/gに加えて11n/a環境を用意しました。

11n/aにした大きな理由は、家の周りに11g帯のアクセスポイントが増えてきたためチャンネル干渉を懸念したためです。11n/a帯は家の周りでは使われていないようでチャンネルがガラガラ
おかげで、回線品質がかなりよくなり安定したスピードが出るようになりました。

問題は・・・ 現時点で11n/aで接続できるPCが存在しないことですwww
ちなみにThinkPad X40は11aの54Mbpsで接続するようにしました。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。