スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次期 Windows Home Serverを考えてみる

Windows Home Server 2011がもうまもなく発売されるとの情報が出てきたので次期Windows Home Serverについて考えてみます。
まずはじめに結論から申し上げます。 DEがなくなったWHSは要りません。 以上

ってことで、既存のWHSを生かす方法を考えます。
最近、WHS上でAir VideoのリアルタイムエンコードなどCPUパワーが必要な処理が多くなっているのでどうしたものかと考えています。

今のプランは、
WHS1号機のHDD構成を見直した上でOSをWindows Home ServerからWindows Server 2008 R2へ変更です。
WS08R2のHyper-VでWHSを動かします。
ファイル共有などは主な仕事はWS08R2上で行い仮想化されたWHSはリモートアクセスとコンピュータバックアップに専念させます。

既存の環境でもHyper-Vは動くのですがエンコードを行うにはPUパワーが根本的に足りず、消費電力も高い傾向になります。

ということで、今考えているのは
Core i3 2100T or Core i5 2400Sでメモリを8GBぐらい積んだものにリプレースすることです。
少なくとも現状のCore 2 Duo E8400よりも多少でも速くなることを期待しています

また、サーバ機なのでTDPや消費電力も気になるところなので、CPUはこの2つがいいかな?と
UPSの関係もあるので今以上できれば今以下の消費電力に抑えたいところです。

と、ここまで考えてすごく面倒だなぁと思うのが正直なところ
ひとまず、問題なく動いているのでわざわざリプレースする必要性を感じないのも事実なわけですが・・

まぁ、気が向いたら年末ぐらいまでに手を打ちたいと思っています。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。