スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオテクニカ ATH-CKW1000ANV (2012/01/15 入手済み)

オーディオテクニカ ATH-CKW1000ANV

ATH-CKW1000ANV_02.jpg
ATH-CKW1000ANV_01.jpg

オーディオテクニカ 50周年記念モデルで、全世界で2500台限定だそうです。

秋のヘッドホン祭やリリースされた後、何度も試聴を繰り返してきた機種でしたが、今まで入手するのを見送っていました。
試聴している限り、低音過多でボーカルは遠い、全体が曇っているという印象であまりいい印象がなかった機種でした。

とはいえ、せっかくの50周年記念だし、リリースされてから約3ヶ月経っても売り切れる気配がないためなのか?販売価格がじわじわと下がってきてて、まぁ今が買い時かな?ってことで入手しました。

入手してから約2時間程度聴いてみましたが、やはり初めの印象通りでさらに音が暴れる感じがありましたが、低音過多のところは、外で聴く限りはまぁ許容範囲、ボーカルが遠い印象は2曲も聴けば耳が慣れてくる感じですが、音については、長時間のエージングである程度落ち着くのではないか?というところ

ひとまず、200~500時間ぐらいエージングする必要を感じる機種です。

ちなみにシリアルNoは、1200番台後半でした。
この時点でこのNoだと、、扱ってるところはほとんど在庫有りの状態なことを考えると現時点で実際に売れた台数は、1000台以下じゃないのかなぁ。。。。

オーテク やっちまったなぁ 10JPNみたいに後々プレミア価格が、、、、、、 付くことはまずないね、、、

2012/01/28
エージングが200時間を超えたので、少し感想などを

音域バランスは、低音が強めのドンシャリで少し刺さり気味
解像度は、今のところ文句なし
このイヤホンの低音域は、木の響きかどうかわかりませんが、それなりに硬い割には響きがあって基本低音過多の割に嫌味な感じは一切せず、また低音が強いことによる曇りや他の音域を邪魔していません。
当初は、ボーカルが少し遠い感じで鳴っていたと思うのですが、耳が慣れたのか違和感はありません。
高音域は曲や声によっては刺さる感じはしますが、自分的には余裕で許容範囲です。

後、短い時間でしたがIE80と聴き較べてみたところ、音域全体のクリア感はIE80が1段上に行く感じ 低音域の質もIE80のほうがはっきりしている感じで、響きが少ないせい音場感はIE80のほうが少なく感じました。
要するに、IE80のほうが良い感じってことですかね?w

あと、鳴らすアンプによる影響は受けやすく、合わないアンプで聴くとボワボワ感満載で良い印象がなくなる傾向になります。手持ちのアンプでいろいろ試したところ、好みのせいかもしれませんが、Microshar uAMP109G2やiBasso D12,SR-71Aが好みでした。
逆にSTEPDANCEは合いませんでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。