スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部屋の電源周りを改善する その2

さて、用意した壁コンセントのGTX-D(R)を2口3極コンセントに交換するつもりだったので、念のため、そこのコンセントから、電源タップ(Oyaide OCB- Exs)が届くか?
(この壁コンセントとオーディオ機器は壁の対面にあるのである程度の長さが必要)
試したところ見事に長さが足りない 予定の3/4ぐらいまでしか届きませんでした。
オーディオ機器の近くにも2口のコンセントがあるのですがこれは2極なのでできれば避けたかったのです。
しかし、良く考えてみると自分が漬かってるオーディオ機器の電源ケーブルは全部2極なので3極の必然性がないのでした。

ということで、当初の予定を変更して
2個ある 2口 3極コンセントは松下電工のホスピタルグレードにして、2口 2極コンセントをFURUTECH GTX-D(R)にすることにしました。

そこで問題が発生
コンセント自体の交換は問題ないのですが、2極のコンセントはTVの同軸と一緒になってて正方形のコンセントカバー(JIS x 2)でした。
今回交換する壁コンセントはJIS規格ではなくUL規格なのでコンセントカバーが合いません。(当初はJIS x 1の壁コンセントを交換する予定だったのでそれ用のコンセントカバーは用意してました)

で、探してみるとあるものですね。
オヤイデ電気から異型コンセントプレートってのが売ってたので速攻でオーダーを入れました。
(土曜日の深夜、在庫があれば土曜日発送してくれるので日曜到着になるので)

物は、これ
異型コンセントプレートの1口

ということで万全?の準備が出来ました。

次で最後?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。