スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピーカーケーブルとインシュレーター

JBL 4312M II WXを設置した時、スピーカーケーブルはゾノトーンの6NSP-2200S MeisterにしてインシュレーターはオヤイデのINS-USというスパイクにしてました。 このスパイクは小さいため安定感がなくていまいちだったので、ELAC 310IBの投入を気にスピーカーケーブルとインシュレーターを変えてみました。

スピーカーケーブルは、この前出たばかりのLUXMAN JPS-100
理由は簡単でメイン機材がLUXMANになってきたので、この際なのでケーブルも合わせてみようと思っただけです。

インシュレーターは、スパイク型が良さそうだったので径が大きいタイプで受け皿付のやつを探したところ、お試し的な意味を含めて3点セットのSOUNDCARE SS1  が手頃な値段だったのでこれにしました。
これには、スピーカーと固定するための両面テープが付いていて固定するにはいいのですが、テープを取る時汚くなるのが嫌なのでテープでの固定はやめました。

インシュレーター、ケーブル共に径が大きくなったので音の安定感は良くなりました。
解像度とか分解能というかチャンネルセパレーションがヘッドホンの平面駆動並になった気します。
ちょっと大げさかなw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。