スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップフローについて考えてみる

トップフロータイプのCPUクーラーのメリットは・・・・・
ずばり、周辺チップも一緒に冷却できる可能性があること。
ANDYのようなファン交換タイプのトップフローだと風の流れが偏ってしまうので周辺チップに風がいきわたらない可能性があります。
そうなると、CPUクーラーの構造は基本的に純正ファンのような構成がベストなのかな?
例えば、ThermalTakeのMaxOrbシリーズ
ZalmanのCNPS8700NT?
というとことでしょうか・・・

でも、私にとって最悪なことはこの手のタイプはファンを交換することができないこと。
すなわち、いくら冷却効果があっても煩かったら意味がないのでファンを静音タイプに交換できないのが問題ですね・・・・ まぁ 冷却効果と騒音は切っても切れない関係なので仕方ないといえば仕方ないですけど・・・・

ThermalTakeのOrb Mini AIなんてどうだろう? 一応 PWM制御できてファンの回転数が300 ± 200RPM~2000 ± 250RPM ってなってるので低回転時の静音化が期待できそうだけど・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。