スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧あゆちん1号 復活

先日、DDR2-800 2GBのメモリを4枚 計8GB分入手したわけですが、何用かと言うと新あゆちん1号を構築する際に放出したパーツを使って会社で遊ぶPCを作るために入手しました。

PCケースは、元々使ってたANTEC Three Hundredにして新あゆちん1号のパーツを一度すべて外して旧あゆちん1号のパーツ+メモリ8GBの構成に作り直したのです。

新あゆちん1号のパーツは一緒に入手した ANTEC Solo Blackに移植しました。
そもそも、何でThree Hundredを放出したかと言うとぶっちゃけ五月蝿いんです。
特にトップの14cmファンは耐えられないものがあったので、Q9550+HD4850という発熱しまくりの環境にSoloは怖いかもしれないという気持ちを抑えて、Soloを投入しました。

新あゆちん1号のPCケースを新調した結果、かなーり静かというかSoloってすごい!みたいな状態になり今のところ熱も思ったほど篭っていないようだし、Q9550. HD4850ともにThree Hundredの時とほぼ同じ温度状態なので、満足度 120%というところです。

さて、旧あゆちん1号の構成は、
INTEL Core 2 Quad Q6600
ASUS P5B-Deluxe
DDR2-800 2GB x 4 = 8GB
Radeon X1600XT 256MB
Seagate Barracuda7200.10 ST3320620AS (320GB)

という感じで、光学ドライブ、FDDなしという構成で、光学ディスク、FDDに関しては必要に応じてUSB接続にしてOSはひとまずVistaの64bitを使う予定です。

後、CPUクーラーについては、とりあえず純正品を使うことにしましたが、今日、会社に持っていってセッティングしたところ、思った以上に社内の温度が高い影響でCPUやケース温度も自宅よりも10℃近く高い温度を示していました。

CPUファンやケースファンをQ-Fanではなくフルで回してみるとそれなりに温度が下がっていくようなので単純にPWM制御だとアイドル温度が高い状態になってしまうようです。

一応、負荷を掛けても70℃を超えることはないようなのでまぁいいかぁと思っていましたがやはりCPU温度がアイドルで高いのが気に入らないので、忍者 弐を投入することにして、CPUファンに関しては、付属ファンを使ってPWM制御はやらずに様子をみることにします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。