スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地デジ時代に向けて

2011/07/24にアナログ放送が終了します。
あゆちん家には地デジ対応のTVがありません。
なので、約3年後にはTVが見れなくなることになるわけです。
まぁTVに関してはいずれ地デジ対応のTVに入れ替えることになるはずなので無問題でしょう。
視聴に関してはそれでいいのですが、録画に関してはそういうわけには行きません。
現状、コピーワンスやダビング10、B-CASカードという障害があることで、今までのようにTV録画した番組を簡単にほかのTVとかで観ることができないのです。

現時点でTV録画された動画を共有できる唯一の方法は、DTCP-IP規格を用いた環境となります。
この規格に沿った機器を使うことで録画した地デジ放送をDTCP-IPに対応したクライアントで視聴することができるようになるのです。
また、保存される動画ファイルはLAN上であれば置き場所を限定されることはありませんが、これを再生するためには2つの機器が必要となります。

1つ目は、DTCP-IPに対応したクライアントで東芝のREGZAやSONYのBLAVIAなどがDTCP-IPに対応したDLNAクライアントを実装しているのでこれらを選ぶことで解決します。PC用の液晶モニタなどで視聴したい場合には、バッファローのLink Theaterを投入することで可能となります。(まだファームが安定していないようでフルスペックで動作しないようですが・・・)

2つ目は、DTCP-IPに対応したサーバです。これは録画された地デジファイルを保存するサーバでDTCP-IP対応のクライアントからこのサーバ内に保存されている録画ファイルを再生することができます。
で、今問題なのは、DTCP-IPに対応したサーバ(NAS)が1メーカー、1種類しか存在しないことです。
(一部のハードディスクレコーダで対応しているようですがここではNASに限定します)
対応している機器があるだけ幸せと言ってしまえばそれまでですが、このNAS(IO-DATA HVL4-G2.0)は私の中では地雷マークが付いているLAN DISK Homeがベースになっていることです。
地雷な理由は単純でこのNASのファンがすっげー煩いのです。。。サーバルームに置ければ騒音なんて気にすることありませんけど、一般家庭にそんなスペースがあるわけなく、ほとんどの家庭では、PCが置いてある部屋やリビングに置くことになると思います。なので、静音性についてはとても気になるのです。

ということで、今一番の問題は、現実的な(静音性、価格など)DTCP-IPに対応したサーバが存在しないことです。
もし、今後、PC上で動作するDTCP-IP対応のサーバソフトがリリースされれば、それをWindows Home Serverなど24時間稼動が前提となるPC上で常駐させれればすごく現実的になりそうな予感です。
また、PC上で動作することが前提になれば、静音化やディスク容量など自由度が増すので自分で満足できる環境を用意することができると思うのですが・・・・

あー後、PC用の地デジチューナもDTCP-IP対応サーバにMOVEできるようになれば(今なってるのかな?)地デジTVで録画する必要性がなくなるのでリーズナブルな地デジTVを投入することができるかも?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。