スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DG45FC CPUファンが煩い理由

すでに既知の話かもしれませんが、INTEL DG45FCでCPUファンが突然ぶぅ~んって煩くなることについていまさらながらやっと原因がわかりました。

私の環境だけかもしれませんがCPUファンが唸る時、どうもCPUの温度センサーがエラーになっていて不正な温度を示していることが原因でした。(電気で言うところの瞬断みたいな症状?)
こうなってしまう原因は定かではありませんが、CPU温度のセンサーの瞬断に敏感に反応してCPUファンが全開で回るようになるのです。

これについては、今のところ防ぎようがないのでCPUファンはやはりファンコンでコントロールするのが無難そうです。

ASUSでMini-ITXのG45 M/Bが出たら買い換えるのになぁ・・・

コメントの投稿

非公開コメント

ほー!ブログやってたのか~

ジョブや話し方・FFの内容見て一発でわかりました^^^

超ガンバレ!

('-'*)フフ

C1EをDisableにすると・・・

私も同じ動作に悩んでいて、このページを見つけました。
極小ケース+ACアダプタ+SSDで静音化して、机の上にあるので
あのFANの唸りは・・・・

結局最近Sandy Bridgeに乗せ換えてしまったのですが、前線を外れたので
各種TEST等に使用していたのですが、あのFANの唸りC1E(省電力機能)が絡んでるかも
C1EはCPU側への電力は止めてるのですが、OSには動いているように見せかける
動作の様ですが、これがCPUから取得する温度センサーの誤検知につながってるかも。

まだ使用されているようでしたら、BIOSのC1EをDisableにしてみてください。
プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。