スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHSのクライアントバックアップ

WHSのクライアントバックアップの範囲時間内にも関わらず自動バックアップが起動しない場合や、WHS側の設定に間違いがないにも関わらず期待通りにクライアントバックアップが行われない場合の対策

WHSのクライアントバックアップ設定
開始 5:00 終了 4:00
バックアップ可能時間を23時間に設定することですぐにクライアントPCの自動バックアップが開始されること。


Vista以外は期待通り動作する。

Vista対策
スタートメニューから管理ツール -> サービスを実行するとサービスの一覧が出てきます。
その一覧の中から「Windows Home Server コネクタ サービス」を探しプロパティを表示します。
プロパティの中にある「スタートアップの種類」を「自動」から「自動(遅延)」に変更して「OK」ボタンを押します。

WHSConnector.jpg

上記の設定を行い遅延起動させることでいまのところ期待通りの動きをするようになりました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。