スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EeePC 901-X with BUFFALO SHD-ES9M32G

先日届いたEeePC 901-16G用のBUFFALO SHD-ES9M32GをEeePC 901-XのデフォルトでDドライブになっているMLC 8GBのSSDと交換しました。

事前にBIOSを最新の1903にしていたのであっさり認識され、EeePC 901-XのサポートDVDからリストアしました。

その後、Windwos XP Home から Professionalに入れ替えることにしました。
手順は簡単でこんな感じ

前準備としてBIOSを1801以上? (SATA SSDを認識するバージョン)にアップデートして、BIOSの設定でBoot BoosterをEnable -> Disableに変更しておきます。

では、リカバリーからXP Proインストール完了までの手順です。 

  1. サポートDVDからブートして出荷状態に戻します。これをやると自然と換装したSSDのほうにOSがインストールされ、元々Cドライブだった4GBのSLC SSDがDドライブになります。
  2. XP ProのCDからブートします。その後、OSを入れるパーテーションを聞いてくるので、交換したSSDのパーテーションを開放せずに先頭のOS領域にインストールします。(パーテーションの後ろにあるEFI領域を消すとBoot Boosterが効かなくなるので消さないほうがいいでしょう)
  3. XP Proのインストール後、一通りの設定が終わったらサポートDVDから必要なドライバやツールをインストールします。
  4. Windows Updateを適当に行って完成
    後は、好みでSSD定番のページファイルなし、自動でデフラグなし、プレフィッチ無効などを行います。

さて、ここまでインストールが完了して実際の使用感はどうなったか?
実際、こんなに速くなるとは思っていませんでした。 OSの起動も速くなったしアプリケーションの起動や操作感もかなりサクサク状態になりました。
ディスクが速くなったこともよかったのですが今まで4GBでいろんなものを消してやりくりしていたのがなくなったのがとてもうれしい。ディスク容量が多くなったことで今まであきらめていたアプリケーションとかもインストールできるようになったことですね。

正直、ディスク容量が少ないことがネックで買い替えを考えていたのですがこれでしばらく買い換えなくていいのが何よりうれしい。

まぁ、英語キーボードに換装できるNetbookがあれば買い換えてもいいんですけどね~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。