スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHURE SE530 (2009/09/10入手済)

SHURE SE530

SE310を定価で買った後・・・ サウンドハウスでかなり安く(直輸入品だけど)手に入ることが判明して涙目だったのですが、涙が乾いたらなぜか手元に性格の異なるヘッドホンが・・・

物は、SE530とER4-S
 
だって、ヒビノ取扱品のSE530の値段でこの2つ買ってもお釣りが来るんだもん><

 

SHURE SE530
se530.jpg 

2009/09/10入手済

レビューは続きにて

 

 

あまり多くのことを書けませんした。
不満が多いといろいろ書けることが多いのですが、SE530は正直文句の言いようがありません。
SE310など低音域が弱いカナル式に慣れてる状態でSE530を聴くと低音うざい(自分がそうでした)ってことになると思うのですが、10 ProやImage X10/S4に慣れた耳で聴くとSE530の良さが見えてきます。 
また、同じSHUREでもSE115は低音域に特徴のあるイヤホンですが、低音域の音圧や音質を取っても較べようがないくらい音質がいいのは当然です。(値段が5倍ですし)ということで、SEシリーズの頂点に立つイヤホンとして恥じないクオリティを持っていると思います。 

 

  • 全体的な印象
    SE530で一番初めに感じるのは、低音域の音圧 SE310やSE420に慣れてると圧倒される。
    音質は、SEシリーズの頂点に立ってるだけのクオリティを感じることができる。
    音作り自体は、低中音域よりで高音域が負けている感じはあるが、不足するほど負けている気はしない。
    簡単に言うと、
    SE310の中高音域の解像度 + SE115の低音域の音圧 + 低音域の解像度
    という感じなんだけど、低音域に中高音域の解像度が負けてないので音域全体の解像度、分解能のクオリティは高いと思う。

    10 Proよりも好みかな?

  • 解像度/分解能/音場
    音域全体の解像度、分解能はさすがとしか言いようがない。文句なし
    音場は、他のSEシリーズよりも広く臨場感があるように感じる。

  • 低音域
    まず、SE115に通じる音圧に圧倒されるが、ぼやけた感じは全くなく解像度、分解能の高さを感じることができることができ、SE420以上に一音、一音拾う音を拾うことができる。


  • 中音域(ボーカル領域)
    多少、引っ込んでるような感じはするが 10 Proほど激しくない。
    解像度、分解能は文句なし SE420よりもソリッド感は強いかも?

  • 高音域
    低音域の音圧に負けてるような気がするが実はしっかり鳴ってるというか聴こえる。
    ただ、SE310より穏やかな感じがするので基本SE420と同じような感じなのかな?


  • 外で聴いた時との違い


  • その他、気になったこと

 


正直、これに6万円近く出すか?というと??????
でも、値段はともかくSEシリーズのフラッグシップを背負ってるだけのクオリティを感じることができます。

直輸入品の値段なら間違いなく買い!

ってか買ってますけどwwww


 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。