スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Klipsch Image X10 (2009/09/20入手済)

おかしいなぁ 10Proを入手するつもりが・・・・
なぜか、持ち帰ったのは、こちら・・・・

Klipsch Image X10

Klipsch Image X10

2009/09/20入手済

 

試聴したら、気に入ってしまって・・・・・
10Proも試聴したんですけどねぇ・・・・・

音出し一発目から使うにしたがって変貌しているImage X10 

 

 

レビューは続きで

 

 

 まずはじめに
私の耳で聴く限り、iPod直結では性能を出し切れていないと思います。
以下のレビューは、iPod直結環境で書かせていただきますが、他の環境での話については最後にLinkを張ってありますのでそちらを参照してください。

  • 全体的な印象
    低音域が強調されて中高音域を完全に潰しているように思える。
    そのため、音域全体の解像度がお世辞にも良いとは言えない状態で全体的に霧が掛かったようなボケが気になる。

    iPod直結で使う限り何ランクも下のヘッドホンと大差ないというのが正直なところ。

    ただし、個々の音域単体では分解能も高く、それぞれの音域が綺麗に鮮明に聞こえるのも事実で問題なのは、すべての音域が混ざった時に低音域がそれらの特徴をぶっ壊しているということ。
    一応、iPodのイコライザーでBass Reducer辺りを選んで低音域を少し押さえることで音域全体のバランスがある程度保つが・・・・・・ Image X10の本来の姿とは思えないのでお勧めできない・・・


  • 解像度/分解能/音場
    個々の音域単体での分解能は高い。また音の粒立ちもよくスピード感を感じることができる。
    音場はそれほど広くないかな?

  • 低音域
    とにかく目立つ。
    分解能は悪くないけど特記するほどではない。
    シングルBA型でよくここまで出せるな~という感じ?


  • 中音域(ボーカル領域)
    霧に掛かったような感じでボケてる感じ。
    この領域(たとえばアカペラとか弾き語り)を聴くと本来の姿が現れきて分解能解像度ともにすばらしく感じる


  • 高音域
    基本的に中音域と同じ感じ


  • 外で聴いた時との違い
    低音域がスポイルされるので音域全体のバランスがよくなる。


  • その他、気になったこと
    Image X10の装着性は絶品。



Image X10はiPod直結では本気を出しきれていないというのが私の結論。
そのため、上記のように辛口になってしまいました。
ただ、アンプを通すことで本来の姿を見ること(聴くこと)ができるのでこれを本気使うならポータブルヘッドホンアンプが必須かなぁと思いました・・・・・・

ちなみに、手持ちの Porta Corda IIでは相性が悪いのかiPod直結とそれほど印象が変わりませんでした。
Qables iQubeで鳴らしてみたいなぁ


Image X10が変貌した・・・・
詳細は、こちらを・・・・

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。