スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオテクニカ ATH-CKM55 (2009/12/10入手済み)

オーディオテクニカ ATH-CKM55

ATH-CKM55.jpg 

 

audio-technica ダイナミック型インナーイヤーヘッドホン ATH-CKM55 BKaudio-technica ダイナミック型インナーイヤーヘッドホン ATH-CKM55 BK
(2009/08/21)
オーディオテクニカ

商品詳細を見る

 

2009/12/10 入手済み

ぽにょのBlu-rayをアマゾンで買ったら箱の中に入ってたw

 

12/22 追記
エージングが有効ということで、約50時間のエージング終了

ひとまず、軽く聞いた感じ

基本、低音過多に感じる。BA型のように鋭くない。けど訛らないでちゃんと聴こえる。
ベースラインははっきり聴こえるわけじゃないんだけどしっかり拾える。
簡単に言うとダイナミック型(ヘッドホン)のような鳴り方って感じ? ってこれダイナミック型かw

これだけ低音がきついと感じるのに、中高音域が潰されているわけじゃない。
実は、低音域に負けずにしっかり鳴ってるんだと思う。
もちろん、解像度や分解能は価格なりと言えるが・・・・ でも悪くない。
音域バランスの表現が難しいんだけど、鳴らし始めの印象は低音過多なのは間違いないんだけど、耳が慣れてくるとなんとなく低音域若干強めのバランス型に感じてくる。 低音域 >> 中音域 = 高音域 こんな感じのバランスなのかなぁ?
でも、耳が慣れるとフラットっぽく感じるかも?

付属のイヤピースの装着感は良好 サイズはMを使用

コストパフォーマンス いいんじゃね?
よい買い物をしたなぁと感じれる一品だと思う。


手持ちの同一価格帯

PHILIPS SHE9750
TDK TH-EB900


レビューは続きで

 

 

これももう少し時間を掛けるつもりだったのですが印象が固まったのでレビューを完成させます。

試聴環境は、
CD5003 -> 光 -> FOSTEX HP-A7 -> RCA -> CEC HD53

 

  • 全体的な印象
    音域バランスは、低音過多 でも不思議なことに低音域が他の音域をあまり潰していないような気がする。音域全体が篭もり気味ですっきりした感じじゃない。 最安が\3,000台と考えるとコストパフォーマンスは高いと思う。
    純正イヤホンからの乗り換えには最適か?


  • 解像度/分解能/音場
    解像度、分解能は決して高くないけど、まぁ値段なり?
    音場は、普通かなぁ?


  • 低音域
    はっきりくっきりってわけじゃないんだけど、それなりにしっかり聞こえる。基本低音過多で他の音域よりもかなり目立ってる。


  • 中音域(ボーカル領域)
    低音過多の割には、結構邪魔されずに聞こえる。尖った感じではなくマイルド
    悪く言うと曇ってる。


  • 高音域
    基本、中音域と同じ印象だけど少し引っ込んでるかな?


  • 外で聴いた時との違い
    N/A


  • その他、気になったこと
    N/A

 

 


実売価格を考えるとコストパフォーマンスが高い機種だと思います。
解像度や分解能などの鮮明さという点では価格なりと言えますが、そんなことが気にならないほど低音ががっつり鳴ります。
この機種も低音好きには良い機種じゃないかな?
もう少し、繊細さやクリア感を求めるなら上位機種のATH-CKM70と言う感じでしょうか
ただ、音色がかなり異なるので同系列として見ることができなさそうなので、持ってないけどATH-CKS70のほうが正常進化かも?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。