スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HiPoint Rocket RAID 2310

WHS2号機のeSATAカードを交換しました。
物は、HiPoint Rocket RAID 2310

HiPoint Rocket RAID 2310

Windows Home ServerではRAIDを使わないのでハードウェアRAIDカードを使うのはもったいないのですが、安定性を重視するとこれしか選ぶことができませんでした。。。。

このカードには外出しのeSATAコネクタがないため、SATA->eSATA変換ケーブル(コネクタ)を使ってeSATAコネクタを外に出しています。

んで、RAIDの構成はRAID0とかにしないで、3台とも独立したJBODにしました。 そうすることでシングルドライブとして3台見えるので、見え方は前のeSATAカードと同じになります。

セッティング、設定を行った後、何事もなくディスクをWHS管理下に追加することができました。

ここまでは順調。
これでまたダメだったらWHSを捨ててWindows Server 2008 R2に変えます。

WHS2号機のWHS配下のデータを試しに2310でRAID化した6.0TBのディスクにコピーしていますが、ハードウェアRAIDはええええ RAIDカードは、安いのだとこれが定番なのかな?



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

現在の閲覧者数:

あゆちん

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
CPU (21)
SSD (17)
HDD (3)
LAN (7)
iPod (44)
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。